TOP>連載 > 【いぬのはてな】危険なものがいっぱい!犬の「誤飲物」ランキング10
  • 連載

【いぬのはてな】危険なものがいっぱい!犬の「誤飲物」ランキング10

おうちの中にはペットに危険なものがいっぱい!

誤飲防止の安全対策は万全ですか? アメリカで、ペットの誤飲や中毒に関する救急電話を受けている機関「アニマル・ポイズン・コントロール・センター」(「APCC」)は、昨年180,639件の相談を受けたといいます。アメリカと日本、国は違えど生活スタイルに似た部分もあるので参考になるのではないでしょうか? 以下、今年「APCC」から発表された昨年1年間の誤飲物ランキングをご紹介します。ペットの中でもとりわけわんこが誤飲してしまう確率が高いとのことです。

第10位は除草剤、肥料、防カビ剤、殺菌剤などの園芸用品です。特にアメリカのわんこは肥料に惹かれるようです。これらをわんこから遠ざけるとともに、お庭で遊ばせるときは必ず注意して見ていることが不可欠です。

第9位の植物は、屋内外の植物すべてを含みます。美しい花や観葉植物も、ペットが食べてしまえば中毒を起こすことも…。例えばポピュラーなユリを食べてしまえば腎臓に障害を引き起こします。

第8位の殺鼠剤は、日本ではあまり使われることも少ないかと思いますが、ネズミを駆除する力があるものですから当然ペットにも危険です!

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る