TOP>連載 > 【いぬのはてな】危険なものがいっぱい!犬の「誤飲物」ランキング10
  • 連載

【いぬのはてな】危険なものがいっぱい!犬の「誤飲物」ランキング10

おうちの中にはペットに危険なものがいっぱい!

誤飲防止の安全対策は万全ですか? アメリカで、ペットの誤飲や中毒に関する救急電話を受けている機関「アニマル・ポイズン・コントロール・センター」(「APCC」)は、昨年180,639件の相談を受けたといいます。アメリカと日本、国は違えど生活スタイルに似た部分もあるので参考になるのではないでしょうか? 以下、今年「APCC」から発表された昨年1年間の誤飲物ランキングをご紹介します。ペットの中でもとりわけわんこが誤飲してしまう確率が高いとのことです。

第10位は除草剤、肥料、防カビ剤、殺菌剤などの園芸用品です。特にアメリカのわんこは肥料に惹かれるようです。これらをわんこから遠ざけるとともに、お庭で遊ばせるときは必ず注意して見ていることが不可欠です。

第9位の植物は、屋内外の植物すべてを含みます。美しい花や観葉植物も、ペットが食べてしまえば中毒を起こすことも…。例えばポピュラーなユリを食べてしまえば腎臓に障害を引き起こします。

第8位の殺鼠剤は、日本ではあまり使われることも少ないかと思いますが、ネズミを駆除する力があるものですから当然ペットにも危険です!

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

サプライズ満載!愛犬同伴専門リゾートホテル5選【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (6.23)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・ジェイド (6.21)

  • 連載

初めての海。【まう助日記】 (6.21)

  • 連載

愛犬仕様のミニバン2列目席はベンチかキャプテンシートか?【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (6.19)

  • 連載

保護犬を迎え入れ、穏やかな家族に【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編20)】 (6.11)

  • 連載

花より団子。【まう助日記】 (6.9)

  • 連載

春の注射も済んで、夏に向かって【犬猫家族】 (6.3)

  • 連載

レジーナリゾート琵琶湖長浜開業!【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (5.31)

もっと見る

注目のグッズ

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る