TOP>連載 > 犬や猫にも糖尿病ってあるの?【Dr.古江のお悩み相談室】
  • 連載

犬や猫にも糖尿病ってあるの?【Dr.古江のお悩み相談室】

インスリンは注射でしか摂取できない!

8b229f324338f720a63fee67e1bc64d0_s

このインスリンはタンパク質からできているホルモンなので、口から摂取しても分解されてしまい効果がなくなってしまいます。なので、錠剤、粉末、液体どんな形状であれ経口タイプのインスリンはないのです。注射しかないんですね。

インスリン注射液には色々な種類がありますが、糖尿病にかかっているワンコ、ニャンコは基本的に1日2回注射を打たなくてはいけません。そうなると、毎日2度動物病院で注射を打つ訳にはいかないので、飼い主さんがご自宅で打つ必要がでてきます。

日々の診療の中で糖尿病を診断し、病気の説明と今後のインスリン治療についてお話しすると、やはり自宅でインスリン注射を毎日おこなう事を心配される飼い主さんが多いようです。「予防注射でも痛がるのに、お家でなんてできるかしら?」と心配される方もおられました。そんな時私は、飼い主さんの前で実際に注射を打ってみせます。そうすると、飼い主さんが想像されているよりも針が細く、それほど痛がらないので、やってみようかと思える飼い主さんが多いです。医療関係者の方でなければ注射なんて打った事はなくて当たり前なんです。

93cc75c193f75a2b25828de20bbfc618_s

注射される側の性格によってやりやすい、やりにくいはありますが、実際に注射を練習して治療を続けていけば、注射する側もされる側もそれなりに上手になっていきます。はじめは、注射が不安で眠れないとおっしゃっていた飼い主さんが、半年ぐらいしてから「今までは主人に抱っこしてもらってやっていたけれど、最近ではごはんを夢中で食べている間に注射すると気づかないんですよ」とおっしゃられることもありました。

糖尿病は基本的に「治る病気」ではないけれど、上手にコントロールをしていけば、苦しい思いをさせなくてすむ病気です。発見が早ければ、体力も栄養も体にまだ残っているので、治療に対する反応も良い事が多いです。「あれ 変だな?」と感じたら、かかりつけの先生に相談してみて下さいね!

fp01

文/古江加奈子(獣医師)

パーク動物医療センター副院長。福岡県獣医師会、福岡市獣医師会、日本獣医がん学会に所属。言葉の話せない動物を治療するうえで、動物たちに聞く代わりに飼い主から沢山のことを聞き、飼い主とのコミュニケーションを最重視するドクター。http://parkanimal.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

え! こんなビールがあるなんて【犬猫家族】 (4.22)

  • 連載

マツダCX-8で行く春のルシアン旧軽井沢 中編【わんこと行くクルマ旅】 (4.22)

  • 連載

マツダCX-8で行く春のルシアン旧軽井沢 前編【わんこと行くクルマ旅】 (4.19)

  • 連載

雨の日散歩。【まう助日記】 (4.18)

  • 連載

桜の季節に思うこと【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編18)】 (4.18)

  • 連載

百面相。【まう助日記】 (4.10)

  • 連載

犬が桜の花びらを食べちゃった!危険性はあるの…? (4.6)

  • 連載

インターペットで「満腹ジャックの箸置き」のteam0040さんと出会えたよ【青山尚暉のわん... (4.6)

もっと見る

注目のグッズ

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る