TOP>連載 > こんな音が怖いのか?【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

こんな音が怖いのか?【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(18)

こんな音が怖いのか?

リンコが我が家に来てから、もうすぐ4年になろうとしている。

仔犬期、リンコは家じゅうのものに噛みつき、おかげで壁もカーペットもボロボロにされた。けれど、

「もう少し成長すれば、落ち着くはず。それまでの我慢」

そう信じて私は耐えていたのだった。

さて4年が経ち、リンコの噛みつき癖は収まりました。では、穏やかなwith dog ライフが私に訪れているかというと、じつはそうでもない。

仔犬期に、ドッグトレーナーさんにボール投げ遊びを教わった。当初は、私が投げたボールを全速力で追いかけ、それをくわえ再び全速力で駆け戻ってくる姿が愛おしくて、ボール投げは私にとっても毎日の楽しみだった。

ところが1年も2年も経つと、さすがに飽きてきた。もちろん私の方が、である。リンコは相変わらず私の姿を見つけるや、目をキラキラさせながらボールをくわえてきて

「投げて」

と催促する。コーギーなので尻尾は無い。その代わりお尻を小刻みに振り続けるのだ。

「ママは、飽きた」

私はリンコに通告する。

「ひとりで遊んでて」

しかし言葉のわからない犬は、無邪気な輝く瞳で、ただお尻を振り続けているのだった。

おそらく、犬には「飽きる」という概念がないのだろう。

「いつになったら、落ち着いた暮らしが私にやってくるのだろう?」

一日中犬に追いかけられ、遊んで遊んでとせがまれ、せわしないったらありゃしない。

人間の子もせわしなかったが、小学校に上がる頃から段々落ち着き、中学生では親との会話も減って、静かな時間が私に戻った。リンコは4歳なので、人間で言えば30歳近い。それなのに、まだボールで遊びたいのか?

「いったい犬は何歳になったら落ち着くの?」

愛犬家の友人に聞いてみた。すると、

「ウチは7歳だけどまだ落ち着かないわよ。10歳過ぎると老犬で寝てばっかりになるらしいけど」

というと、あと5~6年せわしない暮らしが続くということになる。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

  • 連載

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る