TOP>連載 > 【いぬのはてな】引退犬飼育ボランティアをご存知ですか?
  • 連載

【いぬのはてな】引退犬飼育ボランティアをご存知ですか?

引退した盲導犬を家族に迎えるボランティア

10歳前後で引退した盲導犬は、その後どこで暮らすのでしょうか。

盲導犬ユーザーがそのまま飼う場合は、新しい盲導犬は貸与されず、また老後の介護などが十分にお世話ができるか不安が残ってしまうそう。そのため、ほとんどの引退犬は、施設や引退犬飼育ボランティアの元でのんびりと余生を送ることになります。

引退犬飼育ボランティアになるには、登録が必要です。基本条件は室内飼育が出来て、家を留守にする時間が少ないこと。なぜなら、屋外飼育や半日以上誰もいない生活スタイルでは、疎外感による欲求不満やストレスを受け問題行動を起こすこともあるからです。

今まで盲導犬として暮らしてきた犬なので、しつけの面では大変さはあまり感じないでしょう。しかし、ラブラドール・レトリーバーやゴールデン・レトリーバーといった大型犬なので、それなしの飼育スペースは必要で、介護や終生飼育を考えると、大変なことももちろんあります。

目の不自由な方のパートナーとして、頑張ってきた盲導犬の最後の家族となる為の、引退犬飼育ボランティア。このボランティアがいてこそ、盲導犬ユーザーも安心して生活を送ることができるのです。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ウォーターバトル。【まう助日記】 (8.30)

  • 連載

我が家の暑さ対策【犬猫家族】 (8.29)

  • 連載

保護犬出身五男グアポの初めてのお誕生日【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編22)】 (8.23)

  • 連載

真夏の散歩。【まう助日記】 (8.15)

  • 連載

マツダ『アテンザワゴン』で行くリゾートホテルWan’s Resort山中湖 後編【わんこと... (8.6)

  • 連載

氷が取れない。【まう助日記】 (7.31)

  • 連載

保護犬出身カリドが早く家族の一員になれるように【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編22)】 (7.31)

  • 連載

ボルボ『XC40』で行くレジーナリゾート鴨川 後編【わんこと行くクルマ旅】 (7.11)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る