TOP>連載 > 【いぬのはてな】涙の実話。スコットランドの忠犬ボビー
  • 連載

【いぬのはてな】涙の実話。スコットランドの忠犬ボビー

スコットランドの有名な忠犬!

886377a034a7da5e02a8469395835c34_s

死ぬまで大好きなご主人様を待ち続けた忠犬・ハチ公。実は海外にもハチ公に負けない忠犬がいました。それは、スコットランドのグレーフライアーズ・ボビーです。

ボビーは飼い主の死後、飼い主が埋葬されたグレーフライヤーズ教会の墓地で、亡くなるまでの14年間を過ごしたといわれる犬です。

ボビーの飼い主だったジョン・グレイ氏はエディンバラ市警に勤務していました。1856年頃スカイテリアの子犬だったボビーをかわいがり二人は片時も離れることはなかったそうです。しかしそれから、わずか2年後ジョン.グレイ氏は結核のため亡くなり、ボビーは一人ぼっちになってしまいました。

主人を失ったボビーは、その後飼い主の埋葬された墓を守るように墓地で過ごし始めましたが、当時、飼い主のいない犬は殺処分にするという考えがあったためボビーもその対象となりました。

しかし、主人の墓を守るボビーの姿に感動した人たちの嘆願活動などもあり、当時のエディンバラ市長が市議会を新たな飼い主としてボビーのライセンスを発行。ボビーは殺処分を免れました。その後、1872年に亡くなるまでの14年間ボビーは主人の墓を守り続けました。

人間の墓地に犬を葬ることは出来なかったため主人の墓の程近くに葬られたボビー。スコットランド・ドッグ・エイド協会より赤い御影石の墓石が建てられたほか、ボビーの死後2年経った頃、クーツ男爵夫人が資金を提供したことで立派な銅像も建てられました。彼の主人に対する深い愛情と忠誠心は多くの英国人に感銘を与え映画や小説にもなっています。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬が◯◯をなめる理由は? (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る