TOP>連載 > 犬との幸せな時間のために生きている【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

犬との幸せな時間のために生きている【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(17)

犬との幸せな時間のために生きている

公園で観察すると、朝夕犬の散歩を行っているのは、圧倒的に「お母さん」が多い。

土日は「お父さん」の姿も見かけるが、平日は圧倒的に中年女性だ。華奢な中年女性がゴールデンレトリバー2匹を引き連れ、なんてこともある。

まあ時間的に朝夕二回犬の散歩を行えるのは、主婦か自営業ぐらいだろう。リタイアした男性も最近はちらほら増えてきてはいるが。

「犬を飼いたい」

と子供が言い出す。

「自分で世話できるの?」

母親が確かめると

「できるもん!ゴハンもあげるし、お散歩だってするから」

ところが結局は子供がやらずに、母親がすべて引き受ける、というのが一般的な家庭での光景である。

私自身小学校低学年の時ペットが欲しくて、猫、リス、柴犬、小鳥、を親にねだったのであるが、結局世話はすべて母任せとなっていた。

そのため3年前にリンコを飼うことにしたとき

「母と同居はしているが、もはや85歳で犬の世話は頼めない。私一人でまっとうできるだろうか?」

と、実は不安だったのだ。

ところが実際に飼い始めると、犬の世話が楽しくて仕方ない。トイレの始末もブラッシングも何の苦でもない。むしろ、それらの作業が嬉しくてたまらないのだ。

犬に見つめられると、あまりの可愛さに思わず抱きしめてしまう。抱きしめたまま犬の体に顔をうずめると、その匂いやぬくもりにくるまれて身動きとれなくなってしまうのである。幸せすぎて。

私っておかしいんじゃないの?と思い始めた最近のある日、ひとつの新聞記事が目に入った。

「愛犬と目があったら幸せな気持ちになるー実はこの感覚、飼い主の勘違いではない」(朝日新聞5月24日朝刊)

記事によると、飼い主と犬が目線をあわせると「オキシトシン」という幸福ホルモンの濃度が上昇することが最近の研究でわかったという。オキシトシンは、人間の母親と子供の間でも生じる。つまり犬と飼い主は、人間の子供と母親の関係性にとても近いということなのだ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

  • 連載

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • 連載

【いぬのはてな】犬を飼っていない人の家に行く時に持参したいもの (10.15)

  • 連載

【いぬのはてな】ミックス犬の魅力と種類について (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る