TOP>連載 > 犬との幸せな時間のために生きている【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

犬との幸せな時間のために生きている【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

母と子の愛情ホルモンがどれだけすごいかというと、娘が幼稚園の頃、

「ママより、ずっとキレイで優しいおかあさんがいっぱいいるのに、なんで自分のおかあさんが一番好きなんだろう?」

と私に言ったことがある。

それが、愛情ホルモンのなせるワザ、なのだ。

犬だって、

「ウチの飼い主よりずっと美人でお金持ちもいるのに、なんで飼い主様が一番大好きなんだろう」

と思っているに違いない。

子供が小学校に上がって手がかからなくなったとたん、犬を飼い始める女性が私の周りには大勢いた。

「子供が離れて寂しくて仕方なかったのが、犬で救われたわ」

みな、そう口をそろえた。

「反抗期の我が子なんかより、ずっと可愛いから」

出産・育児を経験して、わが子と見つめあい抱きしめ合う幸せを一度味わった母親もまた、その快楽をなかなか忘れられない。

「数十年後の孫の誕生まで待つしかないのかしら」

とあきらめかけた時に犬を飼うと、欲望が止まらなくなるのだろう。

リンコは一日中かまってくれとうるさいし、何度言ってもスリッパをくわえてかじる。散歩の途中で動かなくなり、無理に引っ張るとひっくり返って駄々をこねる。

腹の立つことも多々あるが、夜私がソファでDVDを見ながらくつろいでいると、体を摺り寄せてきて私の手をぺろぺろ舐め始める。そしてそのまま顎を私の膝に乗せ、映画が終わるまでおとなしく、じっと傍らに寄り添ってくれるのだ。

一方私は犬の背中に手を突っ込み、そのぬくもりと毛の感触をうっとりと味わう。

還暦を過ぎた私は、この幸福な時間のために生きていると言っても、過言ではない。

文/柴門ふみ

漫画家、エッセイスト。
1957年徳島市生まれ。
代表作「東京ラブストーリー」「あすなろ白書」「家族の食卓」など。
現在夫、愛犬リンコ(3歳)と共に東京武蔵野市に住む。

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

愛犬との安心ドライブのためのドライブレコーダー活用術【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.23)

  • 連載

ボーダーコリーが話題の「ヒマチー」を食べたら…? (2.22)

  • 連載

お散歩デート3。【まう助日記】 (2.22)

  • 連載

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • 連載

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • 連載

コウハイについての心配ごと【犬猫家族】 (2.19)

  • 連載

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る