TOP>連載 > 【いぬのはてな】渋谷のシンボル「忠犬ハチ公」を振り返る
  • 連載

【いぬのはてな】渋谷のシンボル「忠犬ハチ公」を振り返る

人々に愛されて「忠犬ハチ公」と呼ばれるように

6-27

「忠犬ハチ公」とは、大好きだった自分の飼い主である大学教授・上野英三郎氏がある日、突然亡くなったことを知らず、飼い主の帰りを渋谷駅で約9年に渡り待ち続けた秋田犬です。

一時期は子供たちのいたずらにされたり、通行人に虐待をされたりしていたハチ公ですが、日本犬保存会の初代会長・斎藤氏によって書かれた新聞の寄稿記事で有名になり、みんなから愛される存在となりました。

そんな渋谷のアイドルだったハチ公ですが、飼い主が死去して約10年がたった1935年、その短い生涯に幕を閉じたのです。

ちなみに渋谷にあるハチ公の銅像を見てもわかるのですが、左耳の垂れは生まれつきではなく、飼い主を待っている際に野犬に噛まれたことによる怪我だといわれています。

そんな危ない目にあってもなお、大好きな飼い主を待ち続けるハチ公は、まさに忠犬の名がふさわしい犬。きっと、天国で大好きな飼い主と再会出来て、とても喜んでいることでしょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

犬同士のあいさつで飼い主さんにしてほしいこと【ドッグトレーニング】 (7.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬に与えてはいけないもの《スイーツ編3》 (7.22)

  • 連載

プードルのビション・フリーゼ風カット【ドッグビューティー通信】 (7.21)

  • 連載

【いぬのはてな】犬に与えてはいけないもの《スイーツ編2》 (7.21)

  • 連載

『SUBARU XV』で行く千葉・九十九里の夏休み・後編【わんこと行くクルマ旅】 (7.21)

  • 連載

犬との幸せな時間のために生きている【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (7.21)

  • 連載

新刊「猫は、うれしかったことしか覚えていない」のこと【犬猫家族】 (7.21)

  • 連載

足を上げておしっこする理由って?覚えておきたい犬の生態【わんこの処方箋】 (7.20)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

火も電気も使わないユーカリ成分の虫除けジェル

愛犬もお祭り気分を満喫!ドラえもんのキュートなお祭り半てん

愛犬も飼い主さんもひんやり気持ちいい!熱中症対策に役立つアイテム登場

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る