TOP>連載 > 【いぬのはてな】渋谷のシンボル「忠犬ハチ公」を振り返る
  • 連載

【いぬのはてな】渋谷のシンボル「忠犬ハチ公」を振り返る

人々に愛されて「忠犬ハチ公」と呼ばれるように

6-27

「忠犬ハチ公」とは、大好きだった自分の飼い主である大学教授・上野英三郎氏がある日、突然亡くなったことを知らず、飼い主の帰りを渋谷駅で約9年に渡り待ち続けた秋田犬です。

一時期は子供たちのいたずらにされたり、通行人に虐待をされたりしていたハチ公ですが、日本犬保存会の初代会長・斎藤氏によって書かれた新聞の寄稿記事で有名になり、みんなから愛される存在となりました。

そんな渋谷のアイドルだったハチ公ですが、飼い主が死去して約10年がたった1935年、その短い生涯に幕を閉じたのです。

ちなみに渋谷にあるハチ公の銅像を見てもわかるのですが、左耳の垂れは生まれつきではなく、飼い主を待っている際に野犬に噛まれたことによる怪我だといわれています。

そんな危ない目にあってもなお、大好きな飼い主を待ち続けるハチ公は、まさに忠犬の名がふさわしい犬。きっと、天国で大好きな飼い主と再会出来て、とても喜んでいることでしょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】「犬猿の仲」の由来って? (9.22)

  • 連載

世界一賢い犬種? ボーダコリー・小雪のいたずら事件簿 (9.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬と一緒に寝ると睡眠の質が上がるって本当? (9.22)

  • 連載

殺処分を免れ、キャンパードッグとして生を楽しむミックス犬【保護犬と暮らす】 (9.22)

  • 連載

犬が一番可愛い瞬間【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.21)

  • 連載

2代目に進化したホンダ『N-BOX』で行く軽井沢の旅・前編【わんこと行くクルマ旅】 (9.20)

  • 連載

やっぱりおウチが一番!【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.20)

  • 連載

【いぬのはてな】愛犬のニオイがいつもと違ったら (9.19)

もっと見る

注目のグッズ

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る