TOP>連載 > 【いぬのはてな】手作り蚊取りボトルって知ってる?
  • 連載

【いぬのはてな】手作り蚊取りボトルって知ってる?

蚊の対策、どうしていますか?

7-2

夏の到来とともに増えてくるのが、蚊です。犬にとっては時に命を脅かす危険な存在になります。人向けには虫除けや薬など数多く出ていますが、愛犬の安全な蚊対策はどうすればよいでしょうか。

まず大切なのは、蚊の繁殖の原因を作らないこと。庭などに、水が入ったままのバケツや鉢皿などを置きっぱなしにしていませんか?蚊は水のある所に卵を産み、水中で幼虫から成虫になります。気温が25℃から30℃の環境では、わずか10日で卵から成虫になります。蚊を発生させないためには、水場を作らないことが大切です。

また、水の中に銅を入れると、蚊の幼虫であるボウフラの発生を抑えることが出来ます。庭の池などの水場には、10円玉や銅線などを入れておくことで、ボウフラの発生を抑える方法があります。ただし、これで完璧に防げるわけでないので、こまめに観察しておく必要があります。

そして次に、蚊を犬に寄せ付けない簡単なやり方として、扇風機で風を送るという方法をご紹介します。

蚊は扇風機の風が当たるだけで簡単に飛ばされてしまいます。また、蚊は体から発する二酸化炭素を感知するといわれていますが風が強いと二酸化炭素を感知できなくなるのです。

また、蚊取り線香も手軽な虫除け対策には有効ですが、地面や床など低いところに置くと愛犬が煙を大量に吸い込んでしまう危険があるので、愛犬の届かない高い所に置くか、壁掛けタイプを利用するとよいでしょう。

最後に、フィリピンで使われている話題の「蚊取りボトル」をご紹介します。家庭であるもので簡単、安全に作ることができるうえに手軽に蚊を取ることができます。

材料は、ペットボトル(1.5ℓ~2ℓ)、砂糖50g、ドライイースト1g、40℃のお湯200㏄。

作り方は、ペットボトルの上部を切り取り、砂糖、ドライイースト、お湯を全て入れ、混ぜずにイーストを発酵させます。2時間程でブクブクと発酵が始まるので、切り取ったペットボトルの蓋を逆さに差し込んで完成です。安全な材料で作られているとは言え、犬が倒したり、舐めたりしないように注意してください。

ぜひ愛犬と快適な夏を過ごしてくださいね!

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (11.22)

  • 連載

【スマホでわんこ撮影術】綺麗な背景と一緒にわんこを撮るテクニック (11.22)

  • 連載

「ツンデレ猫」と仲良くなるためのテクニック (11.21)

  • 連載

ボルボ『V90 Cross Country』でレジーナリゾート旧軽井沢に訪れる・後編【わん... (11.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編『Hamy’s』 (11.21)

  • 連載

はじめまして、まう助です!【まう助日記】 (11.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬がおもらしする理由って…? (11.17)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ボルボXC60 (11.17)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る