TOP>連載 > 【いぬのはてな】愛犬とドライブを楽しむためにできること
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬とドライブを楽しむためにできること

犬にも車酔いがあるんです!

6-4

天気も良く、お出掛けが楽しくなる季節。お散歩はもちろんですが、愛犬といっしょにドライブする機会も増えてくるのではないでしょうか。

しかし、愛犬のことを考えてドライブをしないと、車に乗るという行為を嫌がるようになってしまいます。それでは、通院などのいざという場面でも困りますよね。

愛犬とのドライブで注意しなくてはならないのが、車内のニオイと音。犬は嗅覚と聴覚が優れているためニオイと音に敏感です。特にタバコ・芳香剤などの強いニオイは車酔いを誘発することがあります。また、エンジン音などの騒音が原因になることも。

よだれ・あくび・落ち着きがない・体が震える・下痢・嘔吐・涙などの症状が出た場合は、車酔いをしている可能性があるので、休憩時間をちゃんと取り、愛犬をリラックスさせてあげましょう。

また、長時間の移動の場合は、1時間に1回を目安に休憩することを心がけましょう。

愛犬がおでかけ自体を嫌いにならないように、心地よい空間作りを意識してドライブを楽しみましょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る