TOP>連載 > 【いぬのはてな】犬は安産って聞くけどホント?
  • 連載

【いぬのはてな】犬は安産って聞くけどホント?

安産の象徴だけどやっぱり出産は命がけ

5-29

犬は一度にたくさんの子犬を産み、お産が軽いことから安産の象徴と言われていますが、実際にはどうなのでしょうか。

昔は大型犬が多く、母犬と比較して子犬が小さく頭数もたくさん産めて安産でしたが、今は小型犬が主流。小型犬の母犬は身体が小さくその身体の割に子犬が大きいため、1~2頭の出産が多く、難産にもなりやすいといわれています。

特に短頭種のブルドッグやパグなどの犬種は、生まれてくる子犬の頭が大きいため難産になりやすく、また身体の小さいチワワやヨークシャー・テリアなども難産になりやすいといわれている犬種です。

人間同様、母犬にとって出産はまさに命がけ。お腹の中で子犬が大きく育ちすぎ、自分の力で出産できなかったり、向きや場所などで胎仔がつかえて出て来られずに帝王切開になったりするケースもあります。

また生まれてくる子犬が多い場合、出産の途中で母犬や子犬が弱ってしまい全頭出産できなくなる可能性もあります。それにすぐに気付けないと子犬がお腹の中で亡くなり、母犬までも命の危険にさらされてしまうこともあります。

事前にエコー検査やレントゲンなどで、頭数の確認や子犬の大きさが確認出来るので、自然分娩に耐えられるのか、帝王切開するべきかなど、しっかり獣医師と相談することが大切です。

また、出産は夜間になることもあるので、万が一の場合に備えかかりつけの先生に相談したり、夜間救急病院を調べておくのがいいでしょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

  • 連載

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • 連載

【いぬのはてな】犬を飼っていない人の家に行く時に持参したいもの (10.15)

  • 連載

【いぬのはてな】ミックス犬の魅力と種類について (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る