TOP>連載 > 【いぬのはてな】犬の血液型は10種類以上!?
  • 連載

【いぬのはてな】犬の血液型は10種類以上!?

犬の血液型の不思議

7-9

私達人間には、A・B・O・AB型というABO式の4つの血液型がありますが、犬はDEA(Dog Erythrocyte Antigen《犬赤血球抗原》の頭文字)をベースとした血液型があり、現状は10種類以上の血液型があると言われています。

このDEA式。DEA1.1、DEA1.2、DEA3といったように表されますが、あとに続く数字はまだ増えつつあるといわれているため、はっきりとした数が出せないそう。さらに驚きなのが、人間は1人に対して1つの血液型しかありませんが、犬の場合は1匹に対して複数の血液型が存在するというのです。

それでは、もし犬に輸血が必要な状況になったらどうなるのでしょうか?犬の血液型は複雑なので、まるっきり同じ血液型が見つかることは大変難しいと言われていますが、そこで活躍するのが供血犬です。

供血犬は、動物病院などで飼育されている事が多く、比較的どの血液型でも拒絶反応が起こりにくいとされる血液を保有しているため、彼らの存在が多くの命を救う鍵として活躍しています。

また、動物病院によっては献血に協力してくれる犬の募集や、病院間で協力し合って血液を確保しているそうです。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイHV マイチェンモデル公開直前情報 (10.23)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬が◯◯をなめる理由は? (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る