TOP>連載 > 先住犬がいる家に新しく犬を迎え入れるポイント【わんこの処方箋】
  • 連載

先住犬がいる家に新しく犬を迎え入れるポイント【わんこの処方箋】

Dr.林のわんこの処方箋

同居の動物がいたらどうしますか?

29ebe13e90ad3693b5d0d0d9f69db442_s

今回は、新しいワンちゃんを家に迎え入れる際、すでに“他の動物”がいたらどうするか、というお話をしましょう。最近は多頭飼いの飼い主さんも多いですからね。

お家に他のワンちゃんがいた場合(先住犬と言います)、重要な点が二つあります。一つは、どうやって初対面させるか、です。いきなり同じ部屋に入れたりすると、食ったり食われたり、殺し合いの大げんか大惨事になる可能性があります(いや、嘘です)。

そこまではいかずとも大げんかになる可能性はあるのです。ですので、最初は違う部屋に入れておいて、まずは新顔のワンちゃんを家に慣れさせてあげることから始めましょう。その後、少しずつ、先住のワンちゃんを近付けるようにします。最初のうちはサークル越しが良いでしょう。お互いに警戒するでしょうし、いきなり吠え合うかもしれないですね。

だから、顔合わせの時間も最初は短時間にしましょう。日ごとに少しずつ一緒にいる時間を長くしていくと良いですね。例えば、今日は5分、明日は10分というようにします。そしてサークル越しで慣れたと思ったら、サークルから出して直接会わせましょう。お互いにお尻の匂いを確認し会うことから始まります。この段階でケンカをする雰囲気があれば、また最初の段階に戻ります。焦らず、慌てず、徐々に進めましょう。

ここで重要なポイントを1つ。先住犬と新参犬、どっちのワンちゃんを上の順位にするかということなんですが、よくありがちなのが、先住のワンちゃんをないがしろにして、新参のワンちゃんばかりをかわいがることです。これは絶対にしないでくださいね。先住のワンちゃんがイジけて家出しますよ。いや、そんなことはありません。

先住のワンちゃんの方が、どんなに体格的に小さくても、どんなに年齢的に若くても、順位は先住のワンちゃんを上にすべきなのです。順位が上ということは、かわいがるのも先住ワンちゃんが先で時間も長く。ごはんをあげる時も先住のワンちゃんが先、新参のワンちゃんはその後、といった具合にします。(もちろん、人間はその前)

人間の場合、兄弟ゲンカをして、叱られるのはいつも年上のお兄ちゃんになりがちですが、犬は群れをなす動物なので、それではいけません。ケンカをした場合は、そのケンカをふっかけられようが、新参犬は耐え、怒られる時も新参犬になるのです。群れの順位は、犬にとってとても大切なことなので、特に注意をしてください。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

犬同士のあいさつで飼い主さんにしてほしいこと【ドッグトレーニング】 (7.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬に与えてはいけないもの《スイーツ編3》 (7.22)

  • 連載

プードルのビション・フリーゼ風カット【ドッグビューティー通信】 (7.21)

  • 連載

【いぬのはてな】犬に与えてはいけないもの《スイーツ編2》 (7.21)

  • 連載

『SUBARU XV』で行く千葉・九十九里の夏休み・後編【わんこと行くクルマ旅】 (7.21)

  • 連載

犬との幸せな時間のために生きている【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (7.21)

  • 連載

新刊「猫は、うれしかったことしか覚えていない」のこと【犬猫家族】 (7.21)

  • 連載

足を上げておしっこする理由って?覚えておきたい犬の生態【わんこの処方箋】 (7.20)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

火も電気も使わないユーカリ成分の虫除けジェル

愛犬もお祭り気分を満喫!ドラえもんのキュートなお祭り半てん

愛犬も飼い主さんもひんやり気持ちいい!熱中症対策に役立つアイテム登場

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る