TOP>連載 > 【いぬのはてな】ベスト型ボディハーネスの特徴
  • 連載

【いぬのはてな】ベスト型ボディハーネスの特徴

胴体をしっかりホールド!

b9a144485ddcb1bb131bbb069cdaaa74_s

犬を散歩させる時に役立つボディハーネス。なかでもしっかりと犬の胴体をホールドしてリードをつけるベスト型のボディハーネスを使えば、急な後ずさりや激しい首振りをする犬でも首輪抜けの心配がありません。

また、胴体をホールドする形なので、他の犬と出会った時にどんどん相手に向かっていく性格のワンちゃんを制御する際にも引き止めやすいです。

ほかに制御しようとリードを強く引っ張ることでおこる首輪の食い込みがないので、喉が弱い犬などにも安心して使えます。

シニア犬など、歩くのが少しつらくなってきたワンちゃんにもベスト型のボディハーネスは便利です。胴体を包んで背中から持ち上げる、身体を支えるような機能、があるため首部分のみに負担をかける心配がありません。

中でも、シニア犬の歩行ケアをするのであれば、背中の1点ではなく肩甲骨あたりと下半身の2点で持ち上げる形のハーネスがおすすめです。

また、ベスト型のボディハーネスを装着していればお散歩中の雨も多少ですが防げますし、胸とお腹を覆う形のため、泥はね対策としても役立ちます。さらには、素材を選べば防寒、防暑にも役立ちます。

愛犬のお散歩グッズのひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る