TOP>連載 > 【いぬのはてな】「パブロフの犬」ってなあに?
  • 連載

【いぬのはてな】「パブロフの犬」ってなあに?

音と行動を結びつけた実験

5-31

しつけの本などでも見ることのある「パブロフの犬」というのはどういう意味なのでしょうか。

この「パブロフの犬」というものは、1902年にソビエト連邦の生理学者イワン・パブロフ博士が自身の実験を通して発見したもので、条件反射の例えとして用いられているものです。

その実験とは、ベル(ホイッスルやメトロノームなどという文献もあり)を鳴らしてからごはんをあげることを続けた結果、その犬はベルの音を聞いただけで唾液を出すようになったというものです。

現代ではこの条件反射の考え方を用いて、例えば犬が座ったタイミングで、毎回必ず「おすわり」という言葉をかけ続けることで、「おすわり」という言葉を聞くと自然と座るようになったり、排泄時に「ワン・ツー」という言葉をかけ続けることで、「ワン・ツー」という言葉を聞くと排泄をしたくなったりという、しつけに活用されることがあります。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

  • 連載

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • 連載

【いぬのはてな】犬を飼っていない人の家に行く時に持参したいもの (10.15)

  • 連載

【いぬのはてな】ミックス犬の魅力と種類について (10.14)

  • 連載

【いぬのはてな】危険なものがいっぱい!犬の「誤飲物」ランキング10 (10.13)

  • 連載

犬や猫にも糖尿病ってあるの?【Dr.古江のお悩み相談室】 (10.13)

もっと見る

注目のグッズ

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る