TOP>連載 > 【いぬのはてな】「パブロフの犬」ってなあに?
  • 連載

【いぬのはてな】「パブロフの犬」ってなあに?

音と行動を結びつけた実験

5-31

しつけの本などでも見ることのある「パブロフの犬」というのはどういう意味なのでしょうか。

この「パブロフの犬」というものは、1902年にソビエト連邦の生理学者イワン・パブロフ博士が自身の実験を通して発見したもので、条件反射の例えとして用いられているものです。

その実験とは、ベル(ホイッスルやメトロノームなどという文献もあり)を鳴らしてからごはんをあげることを続けた結果、その犬はベルの音を聞いただけで唾液を出すようになったというものです。

現代ではこの条件反射の考え方を用いて、例えば犬が座ったタイミングで、毎回必ず「おすわり」という言葉をかけ続けることで、「おすわり」という言葉を聞くと自然と座るようになったり、排泄時に「ワン・ツー」という言葉をかけ続けることで、「ワン・ツー」という言葉を聞くと排泄をしたくなったりという、しつけに活用されることがあります。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (12.13)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (12.12)

  • 連載

マリアの愛車をシニア犬対応&スタイリッシュな快適仕様に変身大作戦! (12.12)

  • 連載

軽井沢のレジーナリゾートで二男クールの連続バースデー【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編1... (12.12)

もっと見る

注目のグッズ

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る