TOP>連載 > 【いぬのはてな】歴史に名を残すハスキー犬「バルト」と「トーゴ」の活躍
  • 連載

【いぬのはてな】歴史に名を残すハスキー犬「バルト」と「トーゴ」の活躍

人命救助のヒーローはハスキー犬だった

10-29

1924年2月。アラスカ北部の都市ノームでジフテリアが蔓延し、大量の血清が必要になる事態となりました。

1万人を超える犠牲者が出る可能性がある最悪の事態を防ぐため、全長1085キロという距離を走りぬいて血清を届けたのは、電車でもなく車でもなく飛行機でもない、「犬ぞり」でした。日本でいうと青森~東京間という長距離を、なんと犬と人がバトンタッチを続けて血清を届けたのです。

勇敢な20人のマッシャー(操縦者)と100頭以上の犬達の努力で、30万ユニットの血清はわずか5日半でノームに到着。この偉業はラジオや新聞で大々的に報道され、犬ぞりチームは一躍ヒーローになりました。

特に注目を浴びたのは、ノームに到達する最終区間を担当したリーダー「バルト」です。

強く利口なバルトは、吹雪でほとんど見えない道をまっすぐに目的地に向かって駆け抜け、町の人だけでなく犬ぞりチームをも救ったヒーローなのです。

また、「バルト」と合わせてヒーローと讃えられているのが、全区画中最長の距離を走り抜けたチームリーダー「トーゴ」です。バルトチームの85キロに対して、トーゴチームはなんと146キロを走破した最強のチームです。

「バルト」「トーゴ」が有名になったものの、この時関わったどの犬達も、それぞれが一心に与えられた仕事をやり抜いた立派なヒーローです。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイHV マイチェンモデル公開直前情報 (10.23)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬が◯◯をなめる理由は? (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る