TOP>連載 > 【いぬのはてな】あの色の呼び名は?犬の毛色をご紹介!
  • 連載

【いぬのはてな】あの色の呼び名は?犬の毛色をご紹介!

街で見かけるあの犬の毛色はなにかご存知ですか?

9-28

犬種やその子自身の個性ともいえる、犬の毛色=カラー。「あの色、よく見かけるけど、なんていうカラーなんだろう?」という、単色以外のカラーをいくつかご紹介します。

まずは、「タン」と呼ばれる毛色。タンとは本来、黄褐色、赤褐色などの毛色を指します。その毛色が目の上にいわゆる“殿上眉”のように現れたり、口の周り、足などに現れたりするのが特徴です。街で見かけることが多いのは、黒毛にタンがある「ブラック&タン」の犬でしょう。チワワやダックスフント、柴犬などに多くみられるカラーです。また、ブラック、タン、ホワイトの3色で構成された毛色は「トライカラー」といい、バーニーズ・マウンテンドッグやビーグルなどがこれにあたります。

続いて、パピヨンなどに代表される「パーティー」。白と茶色、白と黒というように、白をベースとした被毛に1色または2色のはっきりと区別される色の斑があるカラーを指します。パピヨンのほかには、コッカー・スパニエル、ボーダーコリーなどに多いカラーです。

最後に「セーブル」。これはベースとなるクリームやオレンジなどの被毛に、ブラックやグレーの毛が入り混じったカラーです。ポメラニアンやコリーに多くみられます。

犬の毛色は、いくつかのパターンに分けることはできても、まったく同じ毛色の犬はなかなかいないでしょう。それぞれの犬の毛色の特徴も、その子の個性というわけなんですね。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

  • 連載

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • 連載

【いぬのはてな】犬を飼っていない人の家に行く時に持参したいもの (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る