TOP>連載 > 【いぬのはてな】あの色の呼び名は?犬の毛色をご紹介!
  • 連載

【いぬのはてな】あの色の呼び名は?犬の毛色をご紹介!

街で見かけるあの犬の毛色はなにかご存知ですか?

9-28

犬種やその子自身の個性ともいえる、犬の毛色=カラー。「あの色、よく見かけるけど、なんていうカラーなんだろう?」という、単色以外のカラーをいくつかご紹介します。

まずは、「タン」と呼ばれる毛色。タンとは本来、黄褐色、赤褐色などの毛色を指します。その毛色が目の上にいわゆる“殿上眉”のように現れたり、口の周り、足などに現れたりするのが特徴です。街で見かけることが多いのは、黒毛にタンがある「ブラック&タン」の犬でしょう。チワワやダックスフント、柴犬などに多くみられるカラーです。また、ブラック、タン、ホワイトの3色で構成された毛色は「トライカラー」といい、バーニーズ・マウンテンドッグやビーグルなどがこれにあたります。

続いて、パピヨンなどに代表される「パーティー」。白と茶色、白と黒というように、白をベースとした被毛に1色または2色のはっきりと区別される色の斑があるカラーを指します。パピヨンのほかには、コッカー・スパニエル、ボーダーコリーなどに多いカラーです。

最後に「セーブル」。これはベースとなるクリームやオレンジなどの被毛に、ブラックやグレーの毛が入り混じったカラーです。ポメラニアンやコリーに多くみられます。

犬の毛色は、いくつかのパターンに分けることはできても、まったく同じ毛色の犬はなかなかいないでしょう。それぞれの犬の毛色の特徴も、その子の個性というわけなんですね。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

トイプードルは毛の色で性格が違う…? (12.16)

  • 連載

猫の睡眠事情【犬猫家族】 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (12.13)

もっと見る

注目のグッズ

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る