TOP>連載 > 【いぬのはてな】ボーダー・コリーは天才犬!?
  • 連載

【いぬのはてな】ボーダー・コリーは天才犬!?

単語を覚えたボーダー・コリー

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-12-58-43

犬を飼っていると、言葉が分かっているのかな、と感じる瞬間があります。

特に「ごはんだよ」や「散歩だよ」や「取って来て」などの言葉は、多くの犬が覚えていて反応するようですが、研究者の間ではそれは音として捉えているだけであって、言葉を理解しているとは言えないという意見が大半でした。この理由として、犬は人の表情や声のトーンから飼い主の気持ちを読み取る能力が高い為、言葉が通じたようにふるまうのだと考えられていたからです。

ところが、1000語以上の単語を覚え、動詞も理解しているという天才犬のボーダー・コリーが登場し話題を呼びました。その犬の名はチェイサー。飼い主であるピリーさんがアニマルサイエンス学に基づく訓練をチェイサーに行なったことで理解できるようになったとのことです。

ちなみにほかにも、ドイツなどで200〜300の言葉を理解している犬が話題になったことがありましたが、その犬もボーダー・コリーでした。犬が言葉を理解できるというのは、飼い主にとってはうれしい事ですね。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (11.22)

  • 連載

【スマホでわんこ撮影術】綺麗な背景と一緒にわんこを撮るテクニック (11.22)

  • 連載

「ツンデレ猫」と仲良くなるためのテクニック (11.21)

  • 連載

ボルボ『V90 Cross Country』でレジーナリゾート旧軽井沢に訪れる・後編【わん... (11.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編『Hamy’s』 (11.21)

  • 連載

はじめまして、まう助です!【まう助日記】 (11.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬がおもらしする理由って…? (11.17)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ボルボXC60 (11.17)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る