TOP>連載 > 久しぶりの愛犬との再会で実践したい3つのポイント【ドッグトレーニング】
  • 連載

久しぶりの愛犬との再会で実践したい3つのポイント【ドッグトレーニング】

須﨑大のヒューマン・ドッグトレーニング

久しぶりの愛犬との再会で実践したい3つのポイント

7040b34d2d9b10242d76c31f34f95bf7_s

今回は、待望の再会!お迎えに行く際のお話です。

食事量と排泄の確認

滞在期間中の身体的・心的ストレスの度合いは、食事量と排泄に反映されやすいもの。過度のストレスは、通常の食事量でも消化器官が上手に機能せず、お腹を壊してしまうこともあります。

また、一人っ子の場合、毎食焦らずともゆっくり食事を摂ることが出来ますが、複数頭集まる施設内では、その環境に順応するのに時間を要し食事が十分摂れない子もいます。環境の良し悪しに関わらず、現実的にどうであったのか?把握することが、今後のケアにもつながってきます。

今後、他の犬との共生環境での経験値が高くなると、むしろ他の犬がいる中で「盗られまい」と食べることに集中できるようになるでしょう。

犬の場合、そういった行動はむしろ「大人らしい」行動だと言え、出してもすぐに食べない、気が向いた時に食べる、といった生活習慣は本来の犬の食性から考えると不自然ともいえます。

「ごめんね〜」ではなく「ありがとう」

e5af3ec52d0067a517063ca6ef4a7a86_s

様々な理由と目的で、飼養施設に愛犬を預けた後、お迎えに行った際に、つい「ごめんね〜」と初見で接してしまう方も多いようです。犬は、その環境に自分を順応させることが出来る生き物です。飼い主がいない間、与えられた環境で最大限に「楽しい」時間を創造出来るのが犬。

にもかかわらず、ネガティブな心情で愛犬に会うことは、犬を動揺させることもありますし、場合によっては「辛い時間だった」と認識し、日常生活に戻った際「自己主張が強くなる」とか、逆に「自信欠如が際立つ」といった行動に繋がります。

大事なことは、互いの別離は特別なことではなく、むしろ離れていた間、犬なりに自分を環境に順応させることが出来た部分を評価し、「ありがとう」と愛犬に伝えたいもの。そうすることで、ご自身からはネガティブなエネルギーは出にくくなりますし、冷静かつ穏やかな雰囲気は、犬たちをそれ以上興奮させず、よりスムーズに日常生活に戻ることが出来るでしょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

  • 連載

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • 連載

【いぬのはてな】犬を飼っていない人の家に行く時に持参したいもの (10.15)

  • 連載

【いぬのはてな】ミックス犬の魅力と種類について (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る