TOP>連載 > 犬中毒は百利あって一害無し?【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

犬中毒は百利あって一害無し?【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

私が背骨の上あたりを触ると、皮膚の下に確かにぷっくりとした膨らみがある。そう固くはないが、こりこりとした直径3センチほどのしこりだ。先月シャンプーしたときは明らかになかった・・・。

「もしかして悪いもの?癌だったらどうしよう!?」

娘が取り乱して叫ぶ。

「お母さん、明日リンちゃん病院に連れて行ってね!」

「明日は行きつけの病院が休診日だし、その次の日はお母さん仕事で外出だから、連れて行けるのは来週かなあ」

「そんなこと言ってて、手遅れになったらどうするの!!」

血相を変える娘を、悪い腫瘍だったら痒くてたまらないみたいだから、今のところ痒がっていないし大丈夫よと、私はなだめた。

それでも心配性の娘は

「リンちゃん大丈夫?痛くない?悪い病気だったらどうしよう~」

そんな風に涙ぐみながらずっと犬に話しかけ、すぐに病院に連れて行かない私にプレッシャーをかけ続けるのだった。

そのしこりは、私がぐずぐずしている2~3日のうちになぜかどんどん縮小して行った。

「あれ?できものが小さくなっている。だったらもう病院に行かなくてもいいかな?」

経験値から私がのんきに言うと

「駄目!念のためちゃんと診てもらって」

娘ににらまれた。

そこでようやく連れて行った病院での医師の診断は、

「ほとんど指にも触れないし問題ないですよ」

そういえば犬を飼い始めた初期は、リンコのちょっとした体の異変に私も大騒ぎしたものだ。経験を積んだだけで、基本私も娘とおなじぐらい心配性なのだ。

犬中毒の唯一の害は、過度に心配性になる、という点であろう。

リンコと私

文/柴門ふみ

漫画家、エッセイスト。
1957年徳島市生まれ。
代表作「東京ラブストーリー」「あすなろ白書」「家族の食卓」など。
現在夫、愛犬リンコ(3歳)と共に東京武蔵野市に住む。

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る