TOP>連載 > 悪性腫瘍?耳を切断?…【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

悪性腫瘍?耳を切断?…【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(10)

悪性腫瘍?耳を切断?…

それは、ゴールデンウィークのことだった。

リンコの左耳に小豆大のしこりがあることに私は気がついたのだ。耳毛をかき分けると、耳たぶの先端部分に黒っぽいおできのようなものが出来ていた。触ると、こりこりする。

何か嫌な気持ちになった私は、連休明け急いでかかりつけの動物病院にリンコを連れて行ったのである。

「最近、他の犬に噛まれたりしなかった?」

「いえ、とくに・・・」

「では、噛まれた傷の内出血ではないですね。ノミに噛まれたのかなあ?草むらに首を突っ込んだりした?」

「それは、よくします」

「だったら、ノミですよ。ちょっとカサブタを取ってみますね」

そう言って先生は、リンコを押さえピンセットでそうっとはがした。

「あれ!?」

先生の動きが止まった。

「こ、これは、・・・!!痒がったりしますか?」

「いえ、それはないです」

すると先生は、うーんと唸りながらこう言ったのである。

「カサブタの下に、丸くて赤いラズベリーのようなブツブツが見えるでしょう?この腫瘍には、二つの可能性があります。一つは、良性で2センチ大まで大きくなり、それから自然消滅しまうもの。もう一つは、肥満細胞腫という悪性のもので、この場合だと転移を防ぐために耳を切断することになります」

悪性腫瘍?耳を切断?

その瞬間、私はその場に凍り付いてしまった。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

エリザベスカラーを装着したけど…【犬猫家族】 (11.21)

  • 連載

末っ子カリドと母子の旅へ【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編25)】 (11.12)

  • 連載

ハロウィン。【まう助日記】 (10.31)

  • 連載

食欲の秋!ペットフードの選び方について【犬猫家族 特別編】 (10.17)

[PR]
  • 連載

動物愛護週間について【犬猫家族】 (9.30)

  • 連載

パパの息子達への思い【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編24)】 (9.26)

  • 連載

ウォーターバトル。【まう助日記】 (8.30)

  • 連載

我が家の暑さ対策【犬猫家族】 (8.29)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る