TOP>連載 > 【いぬのはてな】愛犬のニオイがいつもと違ったら
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬のニオイがいつもと違ったら

愛犬から脂や納豆のニオイがしたらなんのサイン?

愛犬のニオイがいつもと違う?そんな時は、病気のサインかもしれません。今回は、いつもは感じることのない愛犬のニオイがどんなサインなのかをお伝えいたします。

もし愛犬から脂くさい、納豆くさいニオイがして、触るとベタつくほどの状態だと「脂漏症」が、皮膚に化膿したおできがあると「皮脂腺腫」や「皮脂腺過形成」が疑われます。

どちらの場合もすぐに医者に行った方がいいですが、多くの場合「脂漏症」は、薬用シャンプーでの治療を、「皮脂腺腫」や「皮脂腺過形成」は、切除手術で治療をすることが多いようです。

普段嗅ぎ慣れている愛犬のニオイだからこそ、少しの異変も飼い主であれば気付けるはず。他にも、いつもの愛犬のニオイと異なる場合は、飼い主が注意してあげるといいでしょう。毎日意識的に愛犬のニオイを嗅ぐのも、病気の早期発見には重要です。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】超音波を使ったがん治療「高強度収束超音波治療」とは? (12.17)

  • 連載

トイプードルは毛の色で性格が違う…? (12.16)

  • 連載

猫の睡眠事情【犬猫家族】 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

もっと見る

注目のグッズ

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る