TOP>連載 > 【いぬのはてな】チワワにおすすめの散歩術
  • 連載

【いぬのはてな】チワワにおすすめの散歩術

20分程度の散歩を2回行くのがおすすめです

チワワにとってベストな日々の散歩は、どういうものでしょうか。今回は、チワワの散歩に特化した情報をお届けします。

身体の小さいチワワは、散歩をしなくてもいいと言われることもありますが、やはり他の犬同様、外部の刺激を受けることは良い気分転換になりストレス解消にも繋がりますので、ぜひ毎日行ってあげましょう。

1日に2回、それぞれ20~30分くらいの、合計40分の散歩をすると、満足するチワワが多いようです。またこの際、朝と夕方もしくは夜に散歩をすると気温や街の雰囲気も変わるので、刺激が倍に増え、満足度がアップするそう。散歩ルートを変えて、レンガ道、草の上、土の上など、足元の刺激を変えて脳を刺激してあげるのもおすすめです。

暗くなってから散歩をする際は、特にチワワは身体が小さいので、ライトなどを使い、周りに存在を知らせられるようにするといいでしょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る