TOP>連載 > コウハイ、センパイに挑み続けます!【犬猫家族】

  • 連載

コウハイ、センパイに挑み続けます!【犬猫家族】

石黒由紀子の犬猫家族

~豆柴センパイと捨て猫コウハイと一緒に~ vol.26

豆柴のセンパイとまったり暮らしていた石黒家に、ある日捨て猫がやってきた! 犬と猫、仲よくなれるの? 不安いっぱいでスタートした夫婦+ワン!+ニャン!の日常は喜びと感動と、あきらめと……。犬と猫と暮らして見えてきたこと、使って気に入ってるグッズやおすすめのフード、趣味の動物愛護のことなど、ペットにまつわるあれこれを若干ゆるめに綴ります。

コウハイ、センパイに挑み続けます!

センパイが5歳のとき、生後3ヶ月(推定)のコウハイがやってきました。コウハイは、生まれて間もなく3兄弟で公園に捨てられ、交番 →  動物愛護センター → 動物愛護団体を経て、我が家にたどり着いたのです。成長は順調とはいえず、標準よりも半分ほどの大きさ(小ささ?)。「こんな小さな猫、本当に大丈夫かな? センパイとうまくやれるかな?」と不安がありました。あまりに小さくて「センパイに潰されてしまうのでは?」とまで心配していたものです。

しかし、友人でもある動物愛護団体の代表に我が家に連れてこられ、バスケットからちょんと顔を出したそのときから、コウハイは瞳に好奇心を漲らせ「身体は小さくても、心意気では負けてないぞ」と、何かを怖がることもなく、センパイと対等に接する子猫だったのです。

はじめての夜に「この家の中で、一番いい居場所はここ」と彼が決めたのはセンパイの背中でした。「挑戦的」とも受け取られそうですが、それがコウハイの天然さ。センパイの背中によじ登り熟睡する子猫に、センパイは固まり、私たちは唖然としました。それからは、無邪気なコウハイのペースにセンパイが合わせ、センパイがコウハイの母親がわりのような暮らしがはじまったのです。 今回は、コウハイがセンパイに挑む姿、その変遷を綴ります。

コウハイがやってきて数日は、イヌもネコもヒトも、それぞれを様子を伺いながら過ごしていました。「みんなで心を寄せ合って、お互いに少しずつ慣れていこうね」という気持ちでいましたが、何事にも一番積極的だったのはコウハイ。

発育が遅れていたとはいえ、子猫も3ヶ月を過ぎると遊びたい盛り。その相手をセンパイが引き受けてくれました。遠くから走ってきては飛びつく、しっぽにぶら下がる、耳を噛む、羽交い締めにしておなかを蹴る……。これが日常茶飯事です。箱入り犬として、のんびり暮らしていたセンパイにとっては、戸惑いの日々だったことでしょう。犬生も何が起こるかわかりません。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

トイプードルは毛の色で性格が違う…? (12.16)

  • 連載

猫の睡眠事情【犬猫家族】 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (12.14)

  • 連載

嫌いな場所。【まう助日記】 (12.14)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (12.13)

もっと見る

注目のグッズ

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る