TOP>連載 > やっぱりおウチが一番!【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

やっぱりおウチが一番!【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(8)

やっぱりおウチが一番!

さて、どうしてもリンコを一晩預けなくてはいけない日が差し迫って来た。

「どうしよう。どうしよう」

悩んでいたら、公園で毎朝出会う犬トモのA子さんが、「X」というペットホテルを紹介してくれた。

「犬を預かってくれている間、携帯に写真と様子をメールで送ってくれるから安心よ」

そこで私は、そのホテルに電話をいれてみた。

応対に出たのはとても感じの良い若い女性だった。そこでさっそく半日のお試しステイを申し込むことにした。

そのホテルは、私の自宅から徒歩35分。ビルの3階にあった。事前にHPで室内の様子をチェックしていたけれど、写真で見るよりは、やはり狭い感じだ。

「コーギーちゃんは、初めてなんですよ。ウチが預かるのはトイプーちゃんやミニチュアダックスちゃんが多くて」

夜はケージの中だが、日中はなるべくスタッフが6畳ほどのプレイルームで遊んで過ごしてくれるという。夜も、同室内にスタッフが泊まり込んでくれるらしい。家族的な雰囲気の、こじんまりしたホテルだった。

そんな説明を聞いている間にも、リンコはすでにスタッフさんになついて甘えている。そこで私は安心して、自宅に戻ったのだった。その後、リンコがスタッフさんと楽し気に遊ぶ写真や状況を伝えるレポートがメールで送られて来た。

約束の時間にリンコを迎えに行くと、リンコは私の顔を見つけて素直に喜んだ。

「リンコちゃんは、とくに後追いすることも寂しがることも無く、お利口さんでしたよ」

私は半日ステイ金額を払ってリンコを受け取り、家に戻った。

今日はショートステイなので送迎サービスがつかなかったが、実際お泊りになると車の送迎サービスがつくらしい。

ペットホテル「X」に預けるかどうしようか迷っていると、再び犬トモのA子さんが

「大型犬のBちゃんがお気に入りのペットホテルがあるわよ。ちょっと遠いけれど」

そう言って教えてくれたのが「Y」である。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (12.18)

  • 連載

まうじろうおじさんと散歩。【まう助日記】 (12.18)

  • 連載

【ペットのがん治療】超音波を使ったがん治療「高強度収束超音波治療」とは? (12.17)

  • 連載

トイプードルは毛の色で性格が違う…? (12.16)

  • 連載

猫の睡眠事情【犬猫家族】 (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (12.16)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (12.15)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (12.15)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

猫のモフモフリラックスタイム♪ 寝心地抜群の「ドラえもん フェイスベッド」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る