TOP>連載 > 【いぬのはてな】お家でのケアで愛犬の美毛を作る!
  • 連載

【いぬのはてな】お家でのケアで愛犬の美毛を作る!

ブラッシングやシャンプー後の乾燥の徹底を

定期的にトリミングサロンに愛犬を連れていく方は多いと思いますが、それ以外、お家でのケアも愛犬の綺麗な被毛作りには大切です。

まず代表的なものは、やはりブラッシング。スキンシップをしながら、皮膚疾患の早期発見にも繋がります。毛玉を見つけた場合は、愛犬が痛がらないように細かくブラッシングをしてほどくか、カットをしてあげると良いでしょう。

家でシャンプーをする場合は、夏だから、暖房がついているからといって、自然乾燥をするのは避けましょう。自然乾燥に頼ると毛が絡まり、「もつれ」「毛玉」の原因となってしまいます。また、足の裏も同様で、濡れた状態で愛犬が舐めると菌が発生しやすくなり、その菌のせいで皮膚トラブルの原因にもなってしまいます。

特に、お散歩後は足を洗ったり、濡れタオルで拭いたりする方が多いと思いますが、必ずその後にはドライヤーなどで完全に乾かすように心がけましょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る