TOP>連載 > 【いぬのはてな】おもちゃの遊び方で飼い主力が試される?
  • 連載

【いぬのはてな】おもちゃの遊び方で飼い主力が試される?

飼い主がおもちゃを管理してあげましょう

犬が大好きなおもちゃ遊び。しかし、このおもちゃ遊び、飼い主がしっかりとコントロールすることで、より良いものになることをご存知でしょうか。

おもちゃ遊びの良い点は、飼い主と愛犬の絆をより深めることが出来、さらに愛犬の有り余った体力を消費させ、満足させることで、騒がない愛犬にすることが出来ます。

コントロールのポイントは、おもちゃは基本的に出しっぱなしにせず、飼い主のタイミングで「遊ぼう」と誘い遊んであげ、終わりのタイミングも「終わり」と決めることが重要です。これを繰り返すことで、魅力のあるおもちゃ=飼い主の魅力に繋がるので、より良い絆を作ることができるようになるのです。

ちなみに、特定のおもちゃに飽きてきたら一度完全に使わなくし、数ヶ月後に再び登場させると、犬は真新しいおもちゃのように感じるので、またそのおもちゃと遊ぶようになります。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る