TOP>連載 > 人間の子供より犬を預ける方がずっと大変【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

人間の子供より犬を預ける方がずっと大変【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(7)

人間の子供より犬を預ける方がずっと大変

犬を飼うにあたって、いくつかの不安があった。

1.毎日の散歩を続けられるだろうか?
2.家じゅうが犬の毛まみれになるのではないだろうか?
3.トイレトレーニングはうまくいくだろうか?
4.旅行中の犬の面倒を誰に頼もう?

しかし、これら四つは全てクリアできた。

朝夕の散歩は私の健康づくりにも一役買ってくれ、むしろ私自身の楽しみとなった。

可愛いリンコの毛が家じゅうに落ちていても愛らしい気持ちになるだけで、犬の毛だらけのセーターでも少しも気にならなくなった。

トイレも完璧。

私が旅行するときは娘に世話を任せることにした。

このようにして、私のwith dog ライフは難なく過ぎていった・・・の、はずが、想定外の事態が起きた。

というのも去年の秋息子の結納が、お嫁さんの実家の山形で執り行われることになり、一家総出で旅行することになったのだ。

私達夫婦に、娘、息子が家を空けるとなると、リンコをいったいどうすればいいのか?

「大丈夫。一晩だったらウチで預かってあげるわよ。土曜日は私も会社が休みだし」

声をかけてくれたのは、M子さん。リンコのボーイフレンド、ゴールデンレトリバーのルーカス君のママである。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る