TOP>連載 > コウハイ、ニキビのお年頃【犬猫家族】

  • 連載

コウハイ、ニキビのお年頃【犬猫家族】

石黒由紀子の犬猫家族

~豆柴センパイと捨て猫コウハイと一緒に~ vol.25

豆柴のセンパイとまったり暮らしていた石黒家に、ある日捨て猫がやってきた! 犬と猫、仲よくなれるの? 不安いっぱいでスタートした夫婦+ワン!+ニャン!の日常は喜びと感動と、あきらめと……。犬と猫と暮らして見えてきたこと、使って気に入ってるグッズやおすすめのフード、趣味の動物愛護のことなど、ペットにまつわるあれこれを若干ゆるめに綴ります。

コウハイ、ニキビのお年頃

2年ほど前のことでした。なにげなく見たコウハイの顔が、どこかいつもと違うような気がしたのです。「ん?」不思議に思い、抱き上げてあちこち被毛をかき分け調べてみると、あごの下に大きなでおできのようなものを発見しました。まっ黒な粒コショウのようなものがぽちっと。表面は乾いています。これは一体……?

こわごわ触れてみましたが、どうやら痛みはなさそうです。「これだけ大きいのだから、コウハイもきっと邪魔だろうなぁ」そう思いましたが、本人(猫)は、異物に気づいていなかったのかもしれません。

しかし、その数日後にセンパイとコウハイを連れ、北陸まで出かける予定になっていたので、「早めに手を打っておこう」と、急遽、動物病院に連れていくことにしました。

こんなとき考えるのはよくないことばかり。動物病院ではどきどきしながら順番を待ち、「石黒コウハイちゃ~ん」と名前が呼ばれ、呼び終えるより先に、前のめりで診察室へ。「なんだかあごの下に大きなできものができてしまって……」と告げたところ、獣医師はちらりと見て「あ~、アクネですね!」。

アクネ……?

「はい。アクネです。猫ニキビとかあごニキビとも言いますが、オス猫にできるんですよ。オス猫の中でもできやすい子とそうでもない子とがいまして……、あ! 取れそうかな? 取ってみますね。えい! あ、取れました。よかったですね。念のため、消毒しておきますね」その間30秒もかかりませんでした。

それから、アクネについての説明を聞きました。「原因は毛穴に詰まった角質や皮脂。猫のあごには皮脂腺がたくさんあって、脂っぽい。そこに食べたり飲んだりした残りものが付き、そのままにしておくとニキビのようなものができやすくなる」のだと(まれにウィルスやカビ菌が原因になることもあるそう)。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る