TOP>連載 > なんでコーギーだったんですか?【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

なんでコーギーだったんですか?【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(15)

なんでコーギーだったんですか?

「なんでコーギーだったんですか?」

リンコを飼い始めた頃、人からよくそう聞かれた。

50過ぎて犬を飼おうと決めた時、大型犬は私には無理だと、早々に諦めた。

次に、小さすぎる犬だと夜遅く帰宅した時などに暗闇の中で踏ん付けそうである。ソファで寝っ転がった瞬間に巻き込んで押し潰すかも。そう考えると、小型犬もNGとなってしまった。

すると、残りは中型犬である。

中型犬を室内で飼いたい。この希望を数名の愛犬家に相談したところ、

「トイプードルがいいわよ。賢いし毛も抜けないし、初心者には向いている」

何人かが教えてくれた。

私の同年代の友人も、トイプードルを飼っている人間が圧倒的に多い。

確かに、トイプーは可愛い。モコモコの毛にボタンのような黒い瞳。しかし可愛すぎて、私にはぬいぐるみに見えてしまうのだ。

「もっと、犬らしい犬が欲しいなあ」

私は考えた。

私がイメージする犬らしい犬とは、ディズニーのクラシックアニメに出るような犬であった。

と思っていたのだが、プルートもグーフィも大型犬だし、「百一匹わんちゃん」はダルメシアン。「わんわん物語」も、中型というよりは大型だ。おかしい。もう一度よく検証してみた。すると、「百一匹わんちゃん」に登場する99匹の仔犬が、私がイメージする<犬らしい犬>であることに気づいた。

目がクリッとしていて、毛がフッサフッサでもクルクルでもなく、鼻ぺちゃではない(つまりパグ、ブル系ではない)愛嬌のある可愛いそれほど大きくない犬。それが、私の理想のワンちゃんだったのだ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • 連載

爪研ぎの変えどき。そして、誕生日【犬猫家族】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの放射線療法とは? (10.19)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る