TOP>連載 > ボタンをごくり!?犬が異物を飲んでしまったら?【Dr.古江のお悩み相談室】
  • 連載

ボタンをごくり!?犬が異物を飲んでしまったら?【Dr.古江のお悩み相談室】

内視鏡での異物除去は限界がある

001

個人的には、内視鏡のカメラを見ながら、鉗子で異物が取れた時の達成感はクレーンゲームで景品が取れたような感覚です(クレーンゲームで取れたことはありませんが…)。看護師も「おめでとうございます!」と声をかけてくれるんです。ほかの病気や手術ではこういう言葉がでることはまずないので、内視鏡で異物除去をする時ならではだと思います。

ただ、内視鏡で異物を除去するにも大きさの限界があり、せいぜいゴルフボールくらいの大きさが限界です。また、それより小さいものでも形状によっては滑ってしまい取れない場合があるので、私は内視鏡で異物を取る際には、取れなかった時のことも考え、開腹手術になる可能性を飼い主さんに伝え、その準備をした上で内視鏡による摘出を実施します。

ところで、最初にお話をしたボタンを飲み込んだという飼い主さんのお話ですが、催吐処置を実施したものの、出てきたのは朝食べたフードだけでした。

ボタンは出て来ない...すでに胃を通過したのかと、もう一度エコー検査をしてみましたが、異物らしき所見はありません。ワンコはケロっとした顔で私を見ます。その時、ある事を閃いて私は飼い主さんにこうお願いしました。「もしかしたらということがあるので、もう一度ボタンをお家で探してみてもらえませんか?ベッドの下や机の下なんかに転がっているかもしれません。隅々まで探してもボタンがなかったら、造影剤を飲ませてボタンの位置を確認するなど次の処置を考えましょう」

飼い主さんが帰られて30分後。。。「部屋の隅に落ちてました!!お騒がせしました…」というお電話があったのでした。

fp01

文/古江加奈子(獣医師)

パーク動物医療センター副院長。福岡県獣医師会、福岡市獣医師会、日本獣医がん学会に所属。言葉の話せない動物を治療するうえで、動物たちに聞く代わりに飼い主から沢山のことを聞き、飼い主とのコミュニケーションを最重視するドクター。http://parkanimal.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

愛犬に優しいドライブ旅行計画の立て方【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (3.23)

  • 連載

ウソ泣きがしつけの最後の手段【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (3.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬の青年期はやんちゃ盛りの魔の3年!? (3.22)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】過去最大規模のインターペット2017 直前告知! (3.22)

  • 連載

【青山尚暉のワンderful LIFE】崩壊した繁殖場でのマリアの記憶(8) (3.21)

  • 連載

【いぬのはてな】犬の成長を時系列でチェック!《子犬期》 (3.21)

  • 連載

ボタンをごくり!?犬が異物を飲んでしまったら?【Dr.古江のお悩み相談室】 (3.20)

  • 連載

【いぬのはてな】チワワは湯たんぽ代わりにもなった!? (3.20)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

ドラえもんの大好物「どら焼き」型ペットベッドが当たるキャンペーン開催

ドラえもんの大好物、どら焼きをベッドにしちゃいました! ドラえもん「どら焼きベッド」をプレ...

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る