TOP>連載 > シニア猫は要注意!〜甲状腺機能亢進症について〜【Dr.古江のお悩み相談室】
  • 連載

シニア猫は要注意!〜甲状腺機能亢進症について〜【Dr.古江のお悩み相談室】

猫の甲状腺機能亢進症

P8270626

シニアになってくると人も動物も何かしらの持病を抱えることが多いものですが、今日はシニア猫ちゃんに多く見られる病気の一つ、「甲状腺機能亢進症」についてお話ししたいと思います。

聞きなれない病気かもしれませんが、英国での大規模な調査(95629頭)によると、猫全体の2.4%、10歳以上の猫に限って言えば8.7%が甲状腺機能亢進症だったという報告もあります。甲状腺機能亢進症は獣医師が、猫ちゃんの内分泌疾患で一番よく遭遇する病気なんですよ。

この病気は喉のところにある甲状腺と呼ばれる部分(人でいう喉仏のあたり)が、甲状腺ホルモンを作りすぎてしまうために起こります。ほとんどが良性の病変で、甲状腺がんは全体の2%程度と言われています。甲状腺ホルモンというのは身体中の細胞の新陳代謝を促す作用を持っているため、甲状腺ホルモンが過剰になるとエネルギー消費が亢進され、それによって軽いものから重いものまでいろいろな症状が出てくるんですね。

場合によっては今まで以上に元気に見えてしまうこともあるので、発見が遅れがちな病気の一つでもあります。

臨床の現場でよく見るのは「元気だし、最近ものすごく食べるのに痩せてきたんです」と飼い主さんが病院に連れてくるケースです。新陳代謝が活発になりすぎて、食べても食べてもエネルギーをどんどん消費してしまうことで痩せてくるんですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイHV マイチェンモデル公開直前情報 (10.23)

  • 連載

【ペットのがん治療】凍らせて壊死させるがんの治療法・凍結療法について (10.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬が◯◯をなめる理由は? (10.22)

  • 連載

【ペットのがん治療】熱でがんが消滅!?古代ギリシア時代でも用いられていた温熱療法について (10.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編 『DOG DEPT+CAFÉ』軽井沢プリンス店 (10.21)

  • 連載

ケージの中だけで暮らしていたサルーキ【保護犬と暮らす】 (10.20)

  • 連載

【ペットのがん治療】将来に期待されるがんの治療法「実験的治療」とは? (10.20)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

もっと見る

注目のグッズ

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

朗らか笑顔がキュートな「ドラえもんフェイスボーダー」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る