TOP>連載 > 【いぬのはてな】チワワは湯たんぽ代わりにもなった!?
  • 連載

【いぬのはてな】チワワは湯たんぽ代わりにもなった!?

様々なチワワに関する記録が残っています

愛らしい姿で人気のチワワですが、その歴史は古代メキシコまで遡ります。昼夜の寒暖差が激しかった当時のメキシコでは、夜はとても寒くなることもありました。人間は、暖をとるためにチワワを湯たんぽ代わりにして抱いて寝ていた、という話もあります。小さくて体温の高いチワワは、寝るときの暖をとるのに最適だったようです。

この話以外にも、チワワは史実にも残っています。例えば、古代ローマ時代には、貴婦人たちのあいだで、チワワを飼うことが流行して、さらにその愛犬を肖像画に一緒に描いてもらう人がとても多かったそうです。

この他にも、長い航海から戻ったコロンブスは、スペイン王に提出した航海記録に「吠えない小さな犬をキューバ(当時は別名)で見た」というものを記しています。これが、今のチワワと言われています。

昔から、人間に愛されていたチワワは、今でも人気ランキングが常に上位にくる人気犬種です。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬のニオイがいつもと違ったら (9.19)

  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬の味覚の感じ方 (9.18)

  • 連載

ウソ泣きがしつけの最後の手段【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.18)

  • 連載

【ペットのがん治療】ウイルスを用いた最先端のがん治療 (9.18)

  • 連載

【いぬのはてな】オスとメスの違い (9.17)

  • 連載

生後三か月のリンコ【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】超音波を使ったがん治療「高強度収束超音波治療」とは? (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る