TOP>連載 > 【いぬのはてな】愛犬の飲水量の目安
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬の飲水量の目安

飲水量とおしっこがパロメーターになります

人間同様、犬の身体の約60%を占める水分は、余分なものを身体の外に出したり、身体を健康に保ったりするために必要不可欠なものです。寒い季節も暑い季節も、どんな時も愛犬の水分不足には気を付けてあげましょう。今回は、愛犬が水分不足になっていないかをチェックできる方法をご紹介いたします。

まずは、愛犬の飲水量の目安を知り、その量をちゃんと飲めているかを毎日確認してあげる方法。犬の飲水量は、体重あたりに必要なカロリーと同程度といわれています。

例えば獣医師会では
◆犬 体重(kg)の0.75乗×132(ml)
◆猫 体重(kg)の0.75乗×70(ml)

と言われていますが、計算が大変な場合の目安として健康な犬、猫の場合は、一日に体重1kgあたり約50mlの水分が必要、と覚えることでも良いでしょう。

詳細記事:多飲多尿と病気の関係について【Dr.古江のお悩み相談室】
http://petomorrow.jp/column_dog/31911

次は、おしっこの状態を確認してあげる方法。おしっこの量が少ない、黄色みが強い、匂いがきついなどの場合は、水分不足の可能性があります。

愛犬の飲水量とおしっこの状態を確認し、水分不足にならないように気を付けてあげましょう。何か気になる場合は獣医師の判断を仰ぎましょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (10.18)

  • 連載

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜後編〜 (10.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (10.16)

  • 連載

【いぬのはてな】いくつ知ってる?「犬のことわざ」〜前編〜 (10.16)

  • 連載

愛犬の健康を維持するためのフード選び (10.16)

[PR]
  • 連載

【いぬのはてな】犬を飼っていない人の家に行く時に持参したいもの (10.15)

  • 連載

【いぬのはてな】ミックス犬の魅力と種類について (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る