TOP>連載 > 【いぬのはてな】パピ―ウォーカーというボランティア活動知ってる?
  • 連載

【いぬのはてな】パピ―ウォーカーというボランティア活動知ってる?

盲導犬育成のお手伝いができるボランティア活動です

パピ―ウォーカーとは、盲導犬候補の子犬を約10ヶ月間、預かり育てるボランティアのこと。家族の一員として愛情いっぱいに育て、雨や雪の日のお散歩や人込みなど様々な経験を通して子犬に人間社会で暮らすためのルールを教え、人間への愛情と信頼感を築いていくのです。

パピ―ウォーカーになるには、盲導犬協会で登録をします。登録するには、預かっている間のごはん代の負担や室内飼育が出来ること、他の家庭犬がいない事などいくつかの条件をクリアしなければなりません。また、子犬を育てる際は、人間の食べ物を与えない、他犬とあまり関わりを持たせない、ソファーや車のシートに乗せないなど、家庭犬のしつけとは少し違う注意点があります。

子犬が1歳を迎える頃には別れがやって来てしまいますが、盲導犬候補として成長していく姿を間近で見られるのはパピ―ウォーカーの醍醐味のひとつと言えるでしょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬もあなたが大好きなんです! (4.26)

  • 連載

犬中毒は百利あって一害無し?【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (4.25)

  • 連載

【いぬのはてな】愛犬が布団に入ってくる理由って? (4.25)

  • 連載

マツダ『CX-5』で行く春の那須高原・中編【わんこと行くクルマ旅】 (4.25)

  • 連載

【青山尚暉のワンderful LIFE】里親になるということ(2) (4.24)

  • 連載

マツダ『CX-5』で行く春の那須高原・前編 「Gベクタリングコントロール」はペットにも優し... (4.24)

  • 連載

【いぬのはてな】手作りの食べられるオモチャ「ささみ氷」 (4.24)

  • 連載

産まれた赤ちゃんと引き換えによそへ出された甘えん坊の小さな犬【保護犬と暮らす】 (4.24)

もっと見る

注目のグッズ

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

雨がしのげてデザインもキュート!全天候型の便利な犬用ジャケット

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

ビッグコミックオリジナルの表紙でおなじみ「村松ネコ」のバスタオル

大ヒット映画『SING/シング』のグッズが続々登場!

映画にも登場したレトロおしゃれでかわいい猫ちゃん時計

カラー・デザインをカスタマイズ!機能的でオシャレなペットキャリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る