TOP>連載 > 【いぬのはてな】頼りになる災害救助犬について
  • 連載

【いぬのはてな】頼りになる災害救助犬について

災害救助犬と一言でいっても細かく分類されます

災害救助犬には種類があり、山での救助を行う犬を「山岳救助犬」、海や川での救助を行う犬を「水難救助犬」、地震などで生き埋めになった人を発見する犬を「地震救助犬」と呼びます。

すべての災害救助犬にいえる事ですが、特定の犬種でないとなれないわけではなく、人や他の動物に攻撃性がなく嗅覚が優れていて、突然の出来事に物怖じしない性格と集中力、忍耐力などがあればどんな犬でも適正があります。

災害救助犬と同じく捜索をする警察犬もいますが、空気中の人の匂いを嗅いで捜索する災害救助犬と、特定の人の匂いを嗅いで捜索する警察犬で鼻の使い方が異なります。

災害救助犬になるには、訓練士とともに訓練をした後、救助犬認定試験に合格できれば晴れて災害救助犬として活動できるようになります。

日本の災害救助犬は海外に比べてまだまだ、なんて言われることもありますが、いつかは日本が最も優れている!と言われるように発展してほしいですね!

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ワンコの爪を自分で切る方法【Dr.古江のお悩み相談室】 (7.23)

  • 連載

【いぬのはてな】犬友達の見つけ方、増やし方 (7.23)

  • 連載

犬同士のあいさつで飼い主さんにしてほしいこと【ドッグトレーニング】 (7.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬に与えてはいけないもの《スイーツ編3》 (7.22)

  • 連載

プードルのビション・フリーゼ風カット【ドッグビューティー通信】 (7.21)

  • 連載

【いぬのはてな】犬に与えてはいけないもの《スイーツ編2》 (7.21)

  • 連載

『SUBARU XV』で行く千葉・九十九里の夏休み・後編【わんこと行くクルマ旅】 (7.21)

  • 連載

犬との幸せな時間のために生きている【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (7.21)

もっと見る

注目のグッズ

カラー・デザインをカスタマイズ!機能的でオシャレなペットキャリー

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

火も電気も使わないユーカリ成分の虫除けジェル

愛犬もお祭り気分を満喫!ドラえもんのキュートなお祭り半てん

愛犬も飼い主さんもひんやり気持ちいい!熱中症対策に役立つアイテム登場

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る