TOP>連載 > 【いぬのはてな】犬の鼻は季節によって色が変わることがある!
  • 連載

【いぬのはてな】犬の鼻は季節によって色が変わることがある!

紫外線の量によって鼻の色が変わることがあります

4-5

紫外線の多い季節に皮膚を守ろうとしてメラニン色素が黒い犬が、日照時間が短く紫外線が少ない季節には鼻の色が茶色やピンク色になる現象を「ウィンターノーズ」や「スノーノーズ」と呼ばれています。

日本語では「冬鼻」「雪鼻」と呼ばれるこの現象、イエローのラブラドール・レトリバー、シベリアンハスキー、アラスカン・マラミュートに多く見られると言われています。

この色の変化ですが、ひと目で色の変化が分かるというよりも、いつも見ている飼い主がどうにか気付くくらいの変化で、先天的な色素異常や、メラニンの欠乏により起こる病気などではなく、体質で起こる現象のため、とくに心配する必要はありません。

また、この「ウィンターノーズ」や「スノーノーズ」以外でも、高齢になると色素が抜けて鼻や被毛が薄い色になることもあります。

この「ウィンターノーズ」「スノーノーズ」の現象、実はまだちゃんとした研究結果がなく、判明していないことも多いため、犬の不思議のひとつでもあります。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 蕎麦処『蕎仙』 (1.22)

  • 連載

ケーキ。【まう助日記】 (1.21)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイ アブソルートHV (1.20)

  • 連載

ペットの介護生活の裏に潜むストレスや鬱、生活の質の低下 (1.19)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】寒い時期にぴったり!プライベートドッグラン付きの宿 (1.19)

  • 連載

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (1.18)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】レジーナリゾート蓼科がリニューアルオープン! (1.18)

  • 連載

おもちゃ。【まう助日記】 (1.17)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

寒い時期に大活躍のアウター!わんこ用「ドラえもん スタジャン」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る