TOP>連載 > 犬がいるおウチに新しく犬を迎え入れるポイント【わんこの処方箋】
  • 連載

犬がいるおウチに新しく犬を迎え入れるポイント【わんこの処方箋】

大人がしっかり監視

1f2e91288723f63cf2b928e828bffc96_s

もう一つ重要なのが、“他の動物”が人間の赤ちゃんの場合。人間の赤ちゃんもワンちゃんも、お互いに「容赦」とか「手加減」という言葉を知りません。だから、そんな二人を一緒に遊ばせる場合には、大人がよーく監視していないといけないのです。

また、一緒に遊ぶくらいリラックスしていればまだいいのですが、赤ちゃんがいる所に新しいワンちゃんを連れて来たり、逆に、ワンちゃんがいる所に新しく赤ちゃんが来たり(生まれたり)すると、多くのワンちゃんは緊張して、食欲不振になってしまうこともあります。こんな場合は、放っておかずにワンちゃんとスキンシップを多くしてあげましょう。

人間にとって注意が必要なことは人畜共通感染症、いわゆる人間も動物もかかる可能性のある病気の問題もあります。人間の赤ちゃんは、まだまだ免疫力も体力も弱く、おつむもしっかりしていないので、ワンちゃんからカビとかノミとかが移ったり、ワンちゃんのウンチに触れた手で御飯を食べて、回虫や鉤虫などのお腹の中の寄生虫をもらってしまう可能性もあります。これらの予防は、大人による監視と、ワンちゃんの健康診断がキーポイントになります。やはり、定期的にワンちゃんを動物病院に連れて行ってあげてくださいね。

教訓:

一、 同居のワンちゃんがいる場合、顔合わせは慎重に行うべし!
二、 どんな場合にも必ず先住ワンちゃんを優先する行動を取るべし!
三、 人間の赤ちゃんがいる場合、必ず大人の監視の元で一緒に遊ばせるべし!

IMG_4251-1

文/林 文明(はやしふみあき)

1988年北里大学獣医学修士課程修了。1998年コロラド州立大附属獣医学教育病院に留学し、欧米の先進動物医療を学ぶ。現在は、山梨・東京・ベトナムで5つの動物病院を経営。獣医師、日本動物医療コンシェルジュ協会代表理事。最新著書『愛犬を長生きさせる食事』(本体1000円+税)好評発売中!
◆日本動物医療コンシェルジュ協会
http://www.jamca.gr.jp/
◆ノア動物病院
http://www.noah-vet.co.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【ペットのがん治療】がんの化学療法について (12.12)

  • 連載

マリアの愛車をシニア犬対応&スタイリッシュな快適仕様に変身大作戦! (12.12)

  • 連載

軽井沢のレジーナリゾートで二男クールの連続バースデー【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編1... (12.12)

  • 連載

寝顔。【まう助日記】 (12.9)

  • 連載

【ペットのがん治療】ウイルスを用いた最先端のがん治療 (12.8)

  • 連載

【ペットのがん治療】そもそも「がん」とは? (12.7)

  • 連載

【ペットのがん治療】がんになるとなぜ死ぬのか? (12.6)

  • 連載

僕のトイレ。【まう助日記】 (12.5)

もっと見る

注目のグッズ

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

これは飽きないにゃ〜!PETomorrow限定 猫遊び3種セット

寒い時期に大活躍のアウター!わんこ用「ドラえもん スタジャン」

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る