TOP>連載 > 【いぬのはてな】聖徳太子の愛犬「雪丸」は人間と会話ができた?
  • 連載

【いぬのはてな】聖徳太子の愛犬「雪丸」は人間と会話ができた?

親バカか、本当か、あなたはどちらだと思いますか?

何人もの話を同時に聞くことができたという逸話が残る歴史上の人物「聖徳太子」。実は彼には「雪丸」という愛犬がいたようです。そんな雪丸には、人間と話をしたり、お経を唱えたりすることができたという話が残っています。そのエピソードとして、雪丸は自分の死期を悟ったとき、奈良県の達磨寺という寺が建てられることになった場所に葬ってほしいと自ら語り、それを聞いた飼い主・聖徳太子がその願いを叶え、石像を作り埋葬したというものも残っています。

そんな伝説的な雪丸ですが、1月1日にその雪丸像が吠えれば、その年は豊作になるという言い伝えが今でも残っています。

現在でも、人間のような発音をして、人間の言葉を話すような犬はいますが、果たして聖徳太子が親バカだったのでしょうか、それとも本当に雪丸は存在し話すことができたのでしょうか。全ては、謎に包まれています。

ちなみに「雪丸」は奈良県の王寺町の公式マスコットキャラクターとして活躍しています。


◆王寺町観光協会「雪丸」ページ
http://www.oji-kanko.jp/yukimaru/

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

2代目に進化したホンダ『N-BOX』で行く軽井沢の旅・後編【わんこと行くクルマ旅】 (9.25)

  • 連載

【いぬのはてな】犬同士で舐め合うソーシャルグルーミングの役割 (9.24)

  • 連載

兄弟姉妹犬の運命を分ける人との出会い【保護犬と暮らす】 (9.24)

  • 連載

【いぬのはてな】犬を迎え入れる前に考えて欲しいこと (9.23)

  • 連載

2代目に進化したホンダ『N-BOX』で行く軽井沢の旅・中編【わんこと行くクルマ旅】 (9.23)

  • 連載

【いぬのはてな】「犬猿の仲」の由来って? (9.22)

  • 連載

世界一賢い犬種? ボーダコリー・小雪のいたずら事件簿 (9.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬と一緒に寝ると睡眠の質が上がるって本当? (9.22)

もっと見る

注目のグッズ

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る