TOP>連載 > 【いぬのはてな】老犬介護施設ってどんなところ?
  • 連載

【いぬのはてな】老犬介護施設ってどんなところ?

増えてきた老犬の介護施設について

昨今、飼育環境やフード、医療などの発達により、犬の平均寿命が長くなってきています。大切な愛犬と少しでも長くいられるのは飼い主にとっては大変うれしいことですが、飼い主自身が高齢であったり、働いていたりと様々な理由で常時介護ができない場合に候補にあがるのが老犬のための介護施設へ預けることです。

日本で最初の老犬ホームが誕生したのは昭和53年に北海道盲導犬協会に設立された施設。そこから現在に至るまでに全国に広がりを見せています。

介護施設に入ると、比較的元気な犬は、食事・散歩・トリミング等のお世話を、寝たきりの犬は、その犬に合わせて流動食の準備、トイレの世話、床ずれ対策などが行われます。また、体調不良になったり、万が一急変した場合には、提携している動物病院と連携して処置をしてもらえます。

施設の設備やケア内容により、愛犬を預けられる期間は1ヶ月から終身までと様々で、費用も月数万から数十万だったりと提供している内容や条件によって異なります。愛犬が元気なうちに、一度、見学しに行くのもひとつの方法でしょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (11.22)

  • 連載

【スマホでわんこ撮影術】綺麗な背景と一緒にわんこを撮るテクニック (11.22)

  • 連載

「ツンデレ猫」と仲良くなるためのテクニック (11.21)

  • 連載

ボルボ『V90 Cross Country』でレジーナリゾート旧軽井沢に訪れる・後編【わん... (11.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編『Hamy’s』 (11.21)

  • 連載

はじめまして、まう助です!【まう助日記】 (11.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬がおもらしする理由って…? (11.17)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ボルボXC60 (11.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬の肉球ケアに最適♪ わんのはな『ミツロウクリーム』

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る