TOP>連載 > 【いぬのはてな】フレンチブルドッグの気をつけたい病気やトラブル
  • 連載

【いぬのはてな】フレンチブルドッグの気をつけたい病気やトラブル

鼻ぺちゃフレンチブルドッグを飼う上で知りたいこと

フレンチブルドッグを飼う上で、気をつけないといけないひとつのポイントが温度です。暑さと寒さに弱い犬種といわれていますが、特に暑さは大敵。短頭種なので他の犬種と比べ激しい口呼吸が上手にできないため、無理に激しい口呼吸をしようとして体温調節することで、呼吸困難になってしまう場合も。

また、フレンチブルドッグは皮膚が弱い犬種といわれています。食べ物やノミ・ダニなどによるアトピー性の皮膚炎やアレルギーが出ることがあります。もちろんすべてのフレンチブルドッグが皮膚病になるわけではありませんが、ノミ・ダニ予防をして皮膚に良いフードを選んであげるなど、皮膚の予防は積極的にしてあげると良いでしょう。

他にも、食欲旺盛で全体的に丸いイメージがありかわいいフレンチブルドッグですが、肥満は股関節や呼吸器など様々な病気の原因になるので、太り過ぎには注意しましょう。

気をつけたいことは色々とありますが、見れば見るほどかわいいフレンチブルドッグ。その魅力を守るため、しっかりケアをしながら育ててあげてくださいね!

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

『ステップワゴンHV』で行く伊豆高原「ウブドの森」前編【わんこと行くクルマ旅】 (1.23)

  • 連載

新春、戌年。ジャケ買いしました【犬猫家族】 (1.23)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 蕎麦処『蕎仙』 (1.22)

  • 連載

ケーキ。【まう助日記】 (1.21)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイ アブソルートHV (1.20)

  • 連載

ペットの介護生活の裏に潜むストレスや鬱、生活の質の低下 (1.19)

  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】寒い時期にぴったり!プライベートドッグラン付きの宿 (1.19)

  • 連載

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (1.18)

もっと見る

注目のグッズ

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

寒い時期に大活躍のアウター!わんこ用「ドラえもん スタジャン」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク猫じゃらし

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る