TOP>連載 > 【いぬのはてな】猟犬から人気愛玩犬になったプードルの歴史とは?
  • 連載

【いぬのはてな】猟犬から人気愛玩犬になったプードルの歴史とは?

もともと猟犬でした

2-7

独特の毛並でコンパニオン・ドッグとしても活躍するプードルは、犬好きでなくても認知度が高い犬種ですが、その原産国を特定することは困難といわれています。

プードルの起源はヨーロッパ各地に多く存在していた水辺で活躍する猟犬で、一説にはその中のドイツからフランスに渡ったものがプードルの祖先犬になったといわれています。

犬種名の「プードル」とは「水たまり」「水中でパチャパチャ音を立てる」という意味のドイツ語「プーデル」に由来しています。しかし、フランスで人気が高まったことから、現在では原産国をフランスとするのが一般的なようです。

泳ぎや水中作業が得意なプードルは、鴨猟など水辺での狩りで活躍していました。現在はあまり見かけなくなりましたが、ドッグショーなどに出演するプードルの独特な被毛の刈込は、水の中で動きやすくするために生まれたものともいわれています。

フランスに渡ったプードルは小型化がすすめられ、16世紀から17世紀にかけてフランスの貴族の間で愛玩犬として人気を集めました。

プードルはその大きさで、スタンダード、ミニチュア、トイの3タイプに分けられています。

日本にプードルがやってきたのは1949年のことで、アメリカから来た3頭の黒いミニチュア・プードルだったそうです。現在日本で大人気のトイ・プードルは、18世紀後半に作出されたもので、猟犬ではなくペットとして飼育するためにミニチュア・プードルを小型化したものだといわれています。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

殺処分を免れ、キャンパードッグとして生を楽しむミックス犬【保護犬と暮らす】 (9.22)

  • 連載

犬が一番可愛い瞬間【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.21)

  • 連載

2代目に進化したホンダ『N-BOX』で行く軽井沢の旅・前編【わんこと行くクルマ旅】 (9.20)

  • 連載

やっぱりおウチが一番!【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.20)

  • 連載

【いぬのはてな】愛犬のニオイがいつもと違ったら (9.19)

  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬の味覚の感じ方 (9.18)

  • 連載

ウソ泣きがしつけの最後の手段【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.18)

もっと見る

注目のグッズ

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る