TOP>連載 > 【いぬのはてな】ペット先進国にある犬税、実は日本も導入されていた!
  • 連載

【いぬのはてな】ペット先進国にある犬税、実は日本も導入されていた!

犬税は犬を守るための税金です

PHM12_0986

ペット先進国として知られているドイツやスイスには、犬の飼い主が支払う税金「犬税」というものがあります。これは元々、お金持ちが富の象徴として犬を飼っていた歴史があり、贅沢税=犬税として設けられたのがはじまりといわれています。

こうしてはじまった犬税ですが、現在の犬税は、流行りやブームなどで爆発的に頭数が増えないようコントロールするため、また無責任な飼い方が出来ないようにするために継続されている政策です。

そんな犬税ですが、なんと日本でも導入されていた歴史があります。

昭和30年頃、全国で約2700もの自治体が犬の飼い主に対して課税をしていたのですが、徴収するコストの方が高くついてしまうという理由から昭和57年になくなりました。平成26年に一部の地域が再び犬税の導入を検討したところ、やはり徴収コストの方が高くついてしまうという事で断念されています。

犬税の導入は、無責任な多頭飼いによる不幸な犬を減らすことにもつながるかもしれません。あなたはどう思いますか?

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ボーダーコリーが話題の「ヒマチー」を食べたら…? (2.22)

  • 連載

お散歩デート3。【まう助日記】 (2.22)

  • 連載

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • 連載

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • 連載

コウハイについての心配ごと【犬猫家族】 (2.19)

  • 連載

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

  • 連載

マリアのお薦め遊・食・買・作スポット 伊豆高原編「愛犬の駅」 (2.15)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る