TOP>連載 > ドッグショーでの審査のポイント【ドッグビューティー通信】
  • 連載

ドッグショーでの審査のポイント【ドッグビューティー通信】

麻布・白金ドッグビューティー通信

IMG_1851

ドッグショーと聞いて何だか敷居が高そう、ルールがイマイチ・・

と、よくわからない方も多いかと思います。ドックショーは、東京ビッグサイトなどの大きなコンベンション施設や小さな公園など、実は日々、全国の様々な場所で開催されています。

多種多様な犬種がいますが、ドッグショーではそれぞれの犬種ごとに理想とする犬種標準(スタンダード)があり、その基準にもっとも近い犬を審査し、評価することを目的とする品評会のようなものです。ただの美しさを競い合う品評会ではなくドックショー自体は優良な犬を後世に残し、保存していくという重要な意味もあるのです。

その歴史は古く、一般的には1800年代にイギリスで開催されたのが始まりと言われています。普段トリミングサロンに来店するワンちゃんはいわゆるぺットとして飼われていますが、このドックショーに出る犬は、ショードックとして活躍しています。

IMGP2388

Doggie-Doのお客様でショーの世界で活躍しているワンちゃんがビションフリーゼのルークくんです。原産国はフランスで、真っ白でふわふわ見ているだけで可愛らしい犬種です。まるいシルエットで可愛らしく、思わず抱きしめたくなってしますよね。

IMGP1836

元のルーツは様々ありますが、原産国はフランスで、ビションフリーゼは”ふわふわの小さい犬”という意味で、その見た目から名前がつけられました。トリマーの間でもやりがいのある犬種として人気を集めています。

IMGP1875

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

2代目に進化したホンダ『N-BOX』で行く軽井沢の旅・前編【わんこと行くクルマ旅】 (9.20)

  • 連載

やっぱりおウチが一番!【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.20)

  • 連載

【いぬのはてな】愛犬のニオイがいつもと違ったら (9.19)

  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬の味覚の感じ方 (9.18)

  • 連載

ウソ泣きがしつけの最後の手段【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.18)

  • 連載

【ペットのがん治療】ウイルスを用いた最先端のがん治療 (9.18)

  • 連載

【いぬのはてな】オスとメスの違い (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る