TOP>連載 > これって、もはや犬中毒かもしれない【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

これって、もはや犬中毒かもしれない【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(13)

これって、もはや犬中毒かもしれない

r001

知人のイラストレーターのブログを読んでいたら、

「自分の中の、愛おしいという感情を確認するために、犬の耳の後ろにそっと唇を当てる」

という言葉を文中に見つけ、まさにその通りだわと、思わず私は膝を叩いたのだった。

犬の耳の後ろ毛ぐらい、その繊細な柔らかさで人をうっとりさせてくれるものはこの世にない、と私も思っている。

リンコの耳たぶの後ろに鼻を押しつけ犬臭さを堪能しつつ、密集した産毛の感触を頬や唇で感じ取るとき、私の体の芯から「愛おしさ」が爆発的にこみ上げてくる。

こうなるともう骨抜きで、他のことなど何もしたくなくなる。仕事も家事も放ったらかし。

「これって、もはや犬中毒かもしれない」

最近私は、そんな風に思うようになっている。

元々、ファー好きではあった。ラビットやフォックスの襟巻が大好きで、若いころはよく首に巻いていた。しかし、毛皮にされる動物のことに気づいてからは、フェイクファーで毛皮の感触だけを楽しんでいた。

リンコが家に来てからは天然毛を思い切り撫でまわすことができるぞと、楽しみにしていたのだった。しかし子犬は暴れてなかなかじっくり撫でさせてはくれない。しかもなぜかしょっちゅう後ろ足で体を搔き続ける。

気になって背中の毛をかき分けてみると、赤いブツブツが出来ているではないか。

そこでさっそく動物病院に連れ行ったところ、

「毛穴に皮脂が詰まってブツブツになっていますね。こういう子は、一週間に一回、シャンプーして毛穴を清潔にしてあげてください」

と医師から言われたのである。

以来、夫か娘の手を借りて週に一度リンコをシャンプーするのが私の日課になった。

そのため、

「リンコちゃんはいつも毛が真っ白で、キレイねえ」

公園で出会う犬友からは必ず声をかけられていた。

しかし、色はキレイなのだがなんだかゴワゴワしている。

「これでは、フェイクファーの手触りに負けているではないか?コーギーの毛ってそんなものなのかしら?お友達のゴールデンの毛はあんなにフワフワなのに」

私はどこか訝しく思っていたのだった。

ところが、リンコが2歳を過ぎたころ、前とは違う動物病院に狂犬病の予防注射に行った時のことである。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

犬に多い病気・子宮蓄膿症が疑われる4つの注意ポイント【Dr.古江のお悩み相談室】 (3.26)

  • 連載

【いぬのはてな】かまってほしい時に見せる犬のしぐさ (3.26)

  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (3.25)

  • 連載

【いぬのはてな】うれしい時に見せる犬のしぐさ (3.25)

  • 連載

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの幸せ(1) (3.24)

  • 連載

【いぬのはてな】チワワはなぜかわいい? (3.24)

  • 連載

警察署前に捨てられた子犬、今ではInstagramの人気者!【保護犬と暮らす】 (3.24)

  • 連載

赤色が見えにくい!犬の眼の構造を知ろう【わんこの処方箋】 (3.23)

もっと見る

注目のグッズ

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

ドラえもんの大好物「どら焼き」型ペットベッドが当たるキャンペーン開催

ドラえもんの大好物、どら焼きをベッドにしちゃいました! ドラえもん「どら焼きベッド」をプレ...

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る