TOP>連載 > ドライブ大好き!【犬猫家族】

  • 連載

ドライブ大好き!【犬猫家族】

石黒由紀子の犬猫家族

~豆柴センパイと捨て猫コウハイと一緒に~ vol.20

img_0021

豆柴のセンパイとまったり暮らしていた石黒家に、ある日捨て猫がやってきた! 犬と猫、仲よくなれるの? 不安いっぱいでスタートした夫婦+ワン!+ニャン!の日常は喜びと感動と、あきらめと……。犬と猫と暮らして見えてきたこと、使って気に入ってるグッズやおすすめのフード、趣味の動物愛護のことなど、ペットにまつわるあれこれを若干ゆるめに綴ります。

ドライブ大好き!

年末年始はどのように過ごされましたか? 我が家は、私の実家に2人と2匹で大移動するのが恒例となっています。クルマで約4時間の道のりですが「え? 猫も? 大丈夫なの?」と多くの方が驚かれます。確かに、猫をクルマに乗せることはあまりないのかもしれませんね。というより、動物病院への通院以外は、ふつう、飼い猫をどこかに連れ出したりしないのかもしれません。

今でこそ余裕のコウハイですが、はじめはドライブが苦手でした。というか、いきなりクルマの乗せられて「一体にゃに???」という感じ。動物病院に行く約30分の道のりさえも「ミャー、ミャー」と鳴いては異議を唱えていたので、私は「コウハイ、大丈夫だよー」と声をかけ続けながらの運転。「コウちゃーん」と呼ぶと「ニャー」と返事をし、「元気ですかー?」と声をかけると「……」。「コウちゃん、大丈夫よー!」「ニャー」。コウハイは言葉がわかるのかもしれません……。

慣れる様子はなく少し可愛そうでしたが、電車を乗り継いで行くよりはいいような気がして、 クルマに乗せて通院していました。

それからしばらくして、私たち夫婦は、親戚の結婚式に出席することになり、石川県の金沢市まで行くことになったのです。「クルマで行けば、ペットも連れていける?  みんなで行けたら楽しいな」そんな考えが頭をよぎりました。センパイはロングドライブも慣れているので心配はありませんでしたが、コウハイのことが気がかり……。

私たちが留守のあいだ、コウハイを誰かに預けるか、ペットシッターさんに通ってもらうか、とも考えましたが「ひとりで置いて行かれて寂しいよりも、少し大変でも一緒のほうがいいかな」と、2人と2匹で行くことに決めたのです(コウハイにとってはいい迷惑だったかもしれません)。ここはひとつ大冒険。センパイが7才でコウハイが2才の頃のこと。

dsc03618

東京から石川県金沢市まで、私の運転では6~7時間。あせらずに、あちこちで休憩しながらゆっくり走るつもりで出発しました。コウハイはケージに入れて、センパイは助手席のオットの膝の上にいましたが、案の定、コウハイからの抗議は早々にはじまりました。

「どこ行くのー! これ、 すごく嫌な感じー! というか、まず、ここから出してー! ねー! 全部気に入らないよーーー!」

車内には「ミャーミャーミャーーー」が響き渡り、私たちはうるさくて参りそうでしたが、それよりもコウハイが具合悪くなったら大変。そこで考えました「コウハイだけケージに入って、センパイが私たちといるのが気に入らないのでは?」見当違いかもしれないけれど、サービスエリアでセンパイを散歩させたあと、今度はセンパイもケージに入れてみたのです。

img_6198

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

飼い主との死別を経てセラピードッグとなった柴犬【保護犬と暮らす】 (11.22)

  • 連載

【スマホでわんこ撮影術】綺麗な背景と一緒にわんこを撮るテクニック (11.22)

  • 連載

「ツンデレ猫」と仲良くなるためのテクニック (11.21)

  • 連載

ボルボ『V90 Cross Country』でレジーナリゾート旧軽井沢に訪れる・後編【わん... (11.21)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編『Hamy’s』 (11.21)

  • 連載

はじめまして、まう助です!【まう助日記】 (11.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬がおもらしする理由って…? (11.17)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】ボルボXC60 (11.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬の肉球ケアに最適♪ わんのはな『ミツロウクリーム』

雨の日が待ち遠しくなる!キュートなドラえもんレインコート

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る