TOP>連載 > 鼻ぺちゃ犬種は要注意!短頭種気道症候群とは?【Dr.古江のお悩み相談室】
  • 連載

鼻ぺちゃ犬種は要注意!短頭種気道症候群とは?【Dr.古江のお悩み相談室】

気道粘膜に慢性的な負担

a0ebeaa4f8444d9d433a5014dc46243c_s

レントゲンを撮影すると体の大きさの割に気管が細い子も多いです。私たちがストローを加えて呼吸をするとしたら、当然息苦しさを感じますよね。気管が細いというのはそういう状態だと思ってください。そういう子は慢性的に息苦しさを感じているのでパンティングが多くなり、気道粘膜に慢性的な負担がかかるという悪循環に入ってしまいます。

短頭種気道症候群は、鼻の穴が小さい、気管が狭いといった慢性的な呼吸困難から、イビキ、チアノーゼ、失神といった呼吸の異常が出たり、さらには呼吸が苦しいために運動を嫌ったり、パンティングを繰り返すことで体温が上昇して、場合によっては、暑くもないのに熱中症になったりすることもあります。また、一見関係ないように思われがちですが、短頭種気道症候群のワンコでは、嘔吐やよだれといった消化器症状も多く認められます。

こういったことを防ぐためには、3つの管理が重要です。

1つ目は体重管理、2つ目は体温管理、3つ目は環境管理です。

体重管理については太って気道が狭くならないように、また、体温上昇が起こったり、放熱が妨げられることがないように夏場などは特に気をつけて過ごしましょう。短時間でも絶対に油断しないでくださいね。また、興奮することで吐いたり、過剰なパンティングが起こってしまうのでそうならない環境作りも大切です。

生まれつき鼻孔の狭い子の場合は、去勢手術や不妊手術の際に一緒に鼻孔を広げる手術をすることもあります。これをおこなうことで鼻の穴が広がり、呼吸が楽になるんですよ。

軟口蓋過長症は加齢とともにひどくなることが多いので、すでに酷い子、ひどくなることが予想される様な子の場合は、予防的に軟口蓋も切除しておくという考え方もあります。

短頭種気道症候群は、内科療法で治る病気ではなく、内科療法はあくまでも症状の緩和が目的になります。慢性経過をたどりながら連鎖的に悪化していくものなので、複合的にどんどん悪くなってから外科的な治療に踏み切っても思うような改善が得られないことも多く、早い段階で長期スパンを見据えた治療やコントロールを考える必要がある病気なんですよ。

fp01

文/古江加奈子(獣医師)

パーク動物医療センター副院長。福岡県獣医師会、福岡市獣医師会、日本獣医がん学会に所属。言葉の話せない動物を治療するうえで、動物たちに聞く代わりに飼い主から沢山のことを聞き、飼い主とのコミュニケーションを最重視するドクター。
◆パーク動物医療センター:http://parkanimal.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】犬に与えてはいけないもの《炭水化物編2》 (7.28)

  • 連載

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(9) (7.28)

  • 連載

兄弟姉妹犬の運命を分ける人との出会い【保護犬と暮らす】 (7.28)

  • 連載

子犬を迎え入れる最適な時間帯とは?【わんこの処方箋】 (7.27)

  • 連載

【いぬのはてな】犬に与えてはいけないもの《炭水化物編1》 (7.27)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット九十九里編 レストラン「ラ・パニエ」 (7.27)

  • 連載

犬が食事中に唸るのをどうにかしたい!【ドッグトレーニング】 (7.26)

  • 連載

【いぬのはてな】引退犬飼育ボランティアをご存知ですか? (7.26)

もっと見る

注目のグッズ

カラー・デザインをカスタマイズ!機能的でオシャレなペットキャリー

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

火も電気も使わないユーカリ成分の虫除けジェル

愛犬もお祭り気分を満喫!ドラえもんのキュートなお祭り半てん

愛犬も飼い主さんもひんやり気持ちいい!熱中症対策に役立つアイテム登場

冷却機能と早食い防止機能を備えたおしゃれなフード&ウォーターボウル

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る