TOP>連載 > 鼻ぺちゃ犬種は要注意!短頭種気道症候群とは?【Dr.古江のお悩み相談室】
  • 連載

鼻ぺちゃ犬種は要注意!短頭種気道症候群とは?【Dr.古江のお悩み相談室】

気道粘膜に慢性的な負担

a0ebeaa4f8444d9d433a5014dc46243c_s

レントゲンを撮影すると体の大きさの割に気管が細い子も多いです。私たちがストローを加えて呼吸をするとしたら、当然息苦しさを感じますよね。気管が細いというのはそういう状態だと思ってください。そういう子は慢性的に息苦しさを感じているのでパンティングが多くなり、気道粘膜に慢性的な負担がかかるという悪循環に入ってしまいます。

短頭種気道症候群は、鼻の穴が小さい、気管が狭いといった慢性的な呼吸困難から、イビキ、チアノーゼ、失神といった呼吸の異常が出たり、さらには呼吸が苦しいために運動を嫌ったり、パンティングを繰り返すことで体温が上昇して、場合によっては、暑くもないのに熱中症になったりすることもあります。また、一見関係ないように思われがちですが、短頭種気道症候群のワンコでは、嘔吐やよだれといった消化器症状も多く認められます。

こういったことを防ぐためには、3つの管理が重要です。

1つ目は体重管理、2つ目は体温管理、3つ目は環境管理です。

体重管理については太って気道が狭くならないように、また、体温上昇が起こったり、放熱が妨げられることがないように夏場などは特に気をつけて過ごしましょう。短時間でも絶対に油断しないでくださいね。また、興奮することで吐いたり、過剰なパンティングが起こってしまうのでそうならない環境作りも大切です。

生まれつき鼻孔の狭い子の場合は、去勢手術や不妊手術の際に一緒に鼻孔を広げる手術をすることもあります。これをおこなうことで鼻の穴が広がり、呼吸が楽になるんですよ。

軟口蓋過長症は加齢とともにひどくなることが多いので、すでに酷い子、ひどくなることが予想される様な子の場合は、予防的に軟口蓋も切除しておくという考え方もあります。

短頭種気道症候群は、内科療法で治る病気ではなく、内科療法はあくまでも症状の緩和が目的になります。慢性経過をたどりながら連鎖的に悪化していくものなので、複合的にどんどん悪くなってから外科的な治療に踏み切っても思うような改善が得られないことも多く、早い段階で長期スパンを見据えた治療やコントロールを考える必要がある病気なんですよ。

fp01

文/古江加奈子(獣医師)

パーク動物医療センター副院長。福岡県獣医師会、福岡市獣医師会、日本獣医がん学会に所属。言葉の話せない動物を治療するうえで、動物たちに聞く代わりに飼い主から沢山のことを聞き、飼い主とのコミュニケーションを最重視するドクター。
◆パーク動物医療センター:http://parkanimal.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

愛犬との安心ドライブのためのドライブレコーダー活用術【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.23)

  • 連載

ボーダーコリーが話題の「ヒマチー」を食べたら…? (2.22)

  • 連載

お散歩デート3。【まう助日記】 (2.22)

  • 連載

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • 連載

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • 連載

コウハイについての心配ごと【犬猫家族】 (2.19)

  • 連載

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • 連載

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る