TOP>連載 > 【いぬのはてな】歯磨きはどうすればうまく出来る?
  • 連載

【いぬのはてな】歯磨きはどうすればうまく出来る?

歯周病予防のためには、毎日歯磨きするのが理想的です。

1-11

犬も人間と同じように歯磨きが必要です。歯垢は毎日の歯磨きで除去できますが、犬の歯垢は3日ほど放っておくと歯石に変わり、家庭での歯磨きでは取れなくなってしまいます。

噛むことで歯垢を落とす効果のあるガムやおもちゃ、歯磨きシートなどもありますが、一番良いケア方法はやはり歯ブラシで磨く事です。

まずは手で顔や口元に触ることから始め、次第に前歯や歯肉、奥歯を触るようにします。触られることに慣れてきたら、指に巻き付けた歯磨きシートなどで歯をこすりましょう。それにも慣れてきたら、いよいよ歯ブラシの出番です。いきなり磨かず、まずは匂いをかがせたり舐めさせたりして、歯ブラシに慣れさせましょう。歯ブラシは、犬の口を指でめくり、歯と歯茎の間を優しくブラッシングします。

定期的に行いたい歯磨きですが、歯磨きという行為自体がストレスになってしまうこともあるので、週に2~3回、1回2~3分を目安にすると良いでしょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
http://petomorrow.jp/
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬のニオイがいつもと違ったら (9.19)

  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.19)

  • 連載

【いぬのはてな】犬の味覚の感じ方 (9.18)

  • 連載

ウソ泣きがしつけの最後の手段【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.18)

  • 連載

【ペットのがん治療】ウイルスを用いた最先端のがん治療 (9.18)

  • 連載

【いぬのはてな】オスとメスの違い (9.17)

  • 連載

生後三か月のリンコ【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.17)

  • 連載

【ペットのがん治療】超音波を使ったがん治療「高強度収束超音波治療」とは? (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る