TOP>連載 > 【いぬのはてな】愛犬との外出でレンタカーを利用するには?
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬との外出でレンタカーを利用するには?

ペット同乗可なレンタカーでも、ルールとマナーを守ることが大切です

1-8

一部のレンタカー会社では、ペットを同乗させることの出来る車のレンタルがあります。主なレンタカーのタイプは、同乗スペースのあるステーションワゴンやミニバンなどが多いようです。

予約なしでもペット同乗可の車を利用できることもありますが、人間だけの外出とは勝手がちがうことも多いペットとの外出。早めに予約したほうが安心でしょう。

ラゲッジスペースがある車の場合
車内後方のラゲッジスペースにシートを敷き、クレートを置きます。

ラゲッジスペースがない車の場合
後部座席の足元にシートを敷いて、その上にクレートを置きます。座席の上に置くことはできません。

いずれの場合も必ずクレートを利用して同乗することが原則ですが盲導犬・聴導犬などの補助犬はその限りではありません。

レンタカー会社にもよりますが、クレートは70×90×75センチ以内、犬の大きさは体重10キロ程度までという規定を設けている所が多く見られます。

ペットが同乗する際は、汚したり臭いが残ったりする場合は修理・清掃費用がかかりますし、危険運転に繋がることもありますので、ルール・マナーを守り利用しましょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
http://petomorrow.jp/
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【わんこと行くクルマ旅 特別編】マリアが「Volkswagen Day 2017」に行って... (5.30)

  • 連載

子犬を迎え入れる最適な時間帯とは?【わんこの処方箋】 (5.29)

  • 連載

【いぬのはてな】あなたの柴犬、たぬき顔?きつね顔? (5.29)

  • 連載

【青山尚暉のワンderful LIFE】愛犬と暮らす幸せ(1) (5.29)

  • 連載

だから犬は面白いのである【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (5.29)

  • 連載

「ヒール」「ツケ」はできますか?【ドッグトレーニング】 (5.28)

  • 連載

【いぬのはてな】おもちゃをくわえながら首を振るのはなんで? (5.28)

  • 連載

犬のいびきに注意!短頭種気道症候群とは?【Dr.古江のお悩み相談室】 (5.27)

もっと見る

注目のグッズ

キュートな猫ちゃんと肉球を散りばめた京都発の手染め帆布トート

金魚を見つめる猫ちゃんがかわいい!会津・女性職人の手作り風鈴

普段使いできる!上品な猫シルエットをあしらったオリジナル腕時計

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

映画にも登場したレトロおしゃれでかわいい猫ちゃん時計

空気層96%のケアマット!驚くほど快適だからわんこもぐっすり

ペットどら焼き完成!ドラえもんのかわいいペットベッド

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る