TOP>連載 > 【いぬのはてな】愛犬との外出でレンタカーを利用するには?
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬との外出でレンタカーを利用するには?

ペット同乗可なレンタカーでも、ルールとマナーを守ることが大切です

1-8

一部のレンタカー会社では、ペットを同乗させることの出来る車のレンタルがあります。主なレンタカーのタイプは、同乗スペースのあるステーションワゴンやミニバンなどが多いようです。

予約なしでもペット同乗可の車を利用できることもありますが、人間だけの外出とは勝手がちがうことも多いペットとの外出。早めに予約したほうが安心でしょう。

ラゲッジスペースがある車の場合
車内後方のラゲッジスペースにシートを敷き、クレートを置きます。

ラゲッジスペースがない車の場合
後部座席の足元にシートを敷いて、その上にクレートを置きます。座席の上に置くことはできません。

いずれの場合も必ずクレートを利用して同乗することが原則ですが盲導犬・聴導犬などの補助犬はその限りではありません。

レンタカー会社にもよりますが、クレートは70×90×75センチ以内、犬の大きさは体重10キロ程度までという規定を設けている所が多く見られます。

ペットが同乗する際は、汚したり臭いが残ったりする場合は修理・清掃費用がかかりますし、危険運転に繋がることもありますので、ルール・マナーを守り利用しましょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
http://petomorrow.jp/
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【いぬのはてな】犬を迎え入れる前に考えて欲しいこと (9.23)

  • 連載

2代目に進化したホンダ『N-BOX』で行く軽井沢の旅・中編【わんこと行くクルマ旅】 (9.23)

  • 連載

【いぬのはてな】「犬猿の仲」の由来って? (9.22)

  • 連載

世界一賢い犬種? ボーダコリー・小雪のいたずら事件簿 (9.22)

  • 連載

【いぬのはてな】犬と一緒に寝ると睡眠の質が上がるって本当? (9.22)

  • 連載

殺処分を免れ、キャンパードッグとして生を楽しむミックス犬【保護犬と暮らす】 (9.22)

  • 連載

犬が一番可愛い瞬間【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.21)

  • 連載

2代目に進化したホンダ『N-BOX』で行く軽井沢の旅・前編【わんこと行くクルマ旅】 (9.20)

もっと見る

注目のグッズ

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る