TOP>連載 > 【いぬのはてな】愛犬との外出でレンタカーを利用するには?
  • 連載

【いぬのはてな】愛犬との外出でレンタカーを利用するには?

ペット同乗可なレンタカーでも、ルールとマナーを守ることが大切です

1-8

一部のレンタカー会社では、ペットを同乗させることの出来る車のレンタルがあります。主なレンタカーのタイプは、同乗スペースのあるステーションワゴンやミニバンなどが多いようです。

予約なしでもペット同乗可の車を利用できることもありますが、人間だけの外出とは勝手がちがうことも多いペットとの外出。早めに予約したほうが安心でしょう。

ラゲッジスペースがある車の場合
車内後方のラゲッジスペースにシートを敷き、クレートを置きます。

ラゲッジスペースがない車の場合
後部座席の足元にシートを敷いて、その上にクレートを置きます。座席の上に置くことはできません。

いずれの場合も必ずクレートを利用して同乗することが原則ですが盲導犬・聴導犬などの補助犬はその限りではありません。

レンタカー会社にもよりますが、クレートは70×90×75センチ以内、犬の大きさは体重10キロ程度までという規定を設けている所が多く見られます。

ペットが同乗する際は、汚したり臭いが残ったりする場合は修理・清掃費用がかかりますし、危険運転に繋がることもありますので、ルール・マナーを守り利用しましょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
http://petomorrow.jp/
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの幸せ(2) (3.28)

  • 連載

【いぬのはてな】犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (3.28)

  • 連載

【ドッグフレンドリー・カー】VWティグアン ハイライン (3.28)

  • 連載

老化と間違えやすい病気!犬の甲状腺機能低下症とは?【Dr.古江のお悩み相談室】 (3.27)

  • 連載

【いぬのはてな】チワワがもっと好きになる!チワワの意外な特徴 (3.27)

  • 連載

犬に多い病気・子宮蓄膿症が疑われる4つの注意ポイント【Dr.古江のお悩み相談室】 (3.26)

  • 連載

【いぬのはてな】かまってほしい時に見せる犬のしぐさ (3.26)

  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (3.25)

もっと見る

注目のグッズ

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

ドラえもんの大好物「どら焼き」型ペットベッドが当たるキャンペーン開催

ドラえもんの大好物、どら焼きをベッドにしちゃいました! ドラえもん「どら焼きベッド」をプレ...

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る