TOP>連載 > 歯磨き習慣は生後2ヶ月頃からがベスト!犬の歯を知ろう【わんこの処方箋】

  • 連載

歯磨き習慣は生後2ヶ月頃からがベスト!犬の歯を知ろう【わんこの処方箋】

Dr.林のわんこの処方箋

犬の離乳と歯について

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

まず、犬の歯が生え始める時期ですが、目が開いてから1週間から2週間くらいで乳歯が生え始めます。生後1ヶ月くらいになると母犬の母乳の出も次第に悪くなりますが、歯が生え始めると母犬も吸われると痛くなるので、徐々に離乳を始めるのです。

離乳は生後3~5週齢までにするのが理想的です。やり方としては、市販の離乳食を指先に付けて、吸わせたり舐めさせたりして始めてみます。市販のものでなくても、ミルク(ワンちゃん用の粉ミルクね)に浸したパン、ゆで卵、チーズ、挽肉、魚肉などを、少量ずつ、1日4~5回に分けて与えてみてもよいでしょう。始めは離乳食の量を少しにしてミルクで補助する形にします。

徐々にミルクを減らし、離乳食の割合を増やしていきます。ほとんどの新生子は、生後3週齢くらいで、普通に歩き、自発的にウンチ&オシッコをしてくれるので、食欲とウンチの状態に注意しながら、離乳食の量を増やしていけば良いでしょう。この頃のウンチはかなり、固い、軟らかいの変動が激しく、ペット・シーツの交換はこまめにしないといけませんが、そろそろトイレのしつけの準備に入れる頃なので、なるべく寝床から離れた場所でトイレを行うように、早くからしむけるのが良いでしょう。

離乳が始まっても、まだまだ成長期なので体はまだまだ大きくなります。新生子は、体重当たりのエネルギー、あるいは食事の必要量が大人の約2倍もあります。もし栄養不足の場合は、体重の減少、鳴き続けたり、不活発などの症状が見られる(人間と一緒です)ので、食事の量を増やすか、早めに動物病院に相談した方が良いでしょう。

生まれたばかりの子犬がかかる病気は色々あり、離乳前に死亡する子は15~20%にものぼると言われています。しかし、低体温の回避、充分な食事などの良い管理下なら、死亡する子の数は5%以下になります。生まれてすぐに飲む母乳(初乳)には、ものすごく重要なものが含まれているので必ず飲ませる必要があります。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

老化と間違えやすい病気!犬の甲状腺機能低下症とは?【Dr.古江のお悩み相談室】 (3.27)

  • 連載

【いぬのはてな】チワワがもっと好きになる!チワワの意外な特徴 (3.27)

  • 連載

犬に多い病気・子宮蓄膿症が疑われる4つの注意ポイント【Dr.古江のお悩み相談室】 (3.26)

  • 連載

【いぬのはてな】かまってほしい時に見せる犬のしぐさ (3.26)

  • 連載

はじめてのお散歩【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (3.25)

  • 連載

【いぬのはてな】うれしい時に見せる犬のしぐさ (3.25)

  • 連載

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの幸せ(1) (3.24)

  • 連載

【いぬのはてな】チワワはなぜかわいい? (3.24)

もっと見る

注目のグッズ

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

ドラえもんの大好物「どら焼き」型ペットベッドが当たるキャンペーン開催

ドラえもんの大好物、どら焼きをベッドにしちゃいました! ドラえもん「どら焼きベッド」をプレ...

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

イタリアの熟練クラフトマンが生んだ猫のシルバージュエリー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る